「溶岩焼グリル」はガスで溶岩を熱します。 なぜかというと、炭や薪と違い溶岩は火おこしができません。溶岩の蓄熱を維持するために熱し続ける必要があります。 そして、この蓄熱力が炭よりも高いのも溶岩の特長です。

安定した火力と輻射熱、少ない水分で皮はパリッと身はふっくらと焼けます。 輻射熱、少ない水分は炭の場合も同様です。しかし、ガス火のみの過熱の場合は、遠赤外線・近赤外線が乏しく水分を多く含みます。
当社の溶岩焼きグリルは純国産天然石仕様、一酸化炭素発生率0.03%です。

溶岩焼きグリル製品ラインナップ

クリエおすすめ!溶岩焼きグリルのスタンダード品です。焼肉・海鮮等、使い勝手の良いタイプです。

焼き鳥や串焼き、焼魚を同時に調理できるので、焼き物に忙しい繁盛店にお奨めタイプです。

BBQスタイル用ロースターとして屋外でも便利なセルフ焼きタイプ。もちろん屋内でもご利用できます。

溶岩焼きグリル関連ブログ・FAQ

溶岩焼きグリルCL型・CS型・ガス焚き

溶岩焼きグリルCL型・CS型・ガス焚き
CSシリーズ(手動着火) メンテナンスフリーの溶岩焼きグリル 着火方式が手動タイ

> 詳しくはこちら

焼き魚・串焼き用溶岩焼きグリルCCF型・CCG型

CCFシリーズ 串焼きに最適な串置きガイド2本付き 串焼きに最適なタイプ(串置き

> 詳しくはこちら

バーベキュー用溶岩コンロ

BBQ-CCG40U型 市販のBBQコンロにはない耐久性と利便性・汎用性を追求

> 詳しくはこちら

溶岩焼グリルの特徴

溶岩の輻射熱を受け止める耐久設計 溶岩の強い輻射熱は、食材を美味しく仕上げる効果

> 詳しくはこちら

溶岩で焼くと美味しい理由

焼き物の基本である「強火の遠火」を安定して使い続けることができる 対流熱であるガ

> 詳しくはこちら

炭に負けない溶岩の利点

クリエの溶岩は、純国産の天然石です! 溶岩ならどれでもいいわけではありません。

> 詳しくはこちら

ランニングコスト(炭火との比較)

クリエの溶岩焼グリルで最も一般的な焼き肉用溶岩焼グリルCS402と炭火のランニン

> 詳しくはこちら

オプション品・消耗品

溶岩焼きグリルのオプション品、消耗品のご紹介ページです。当社オンラインストアでも

> 詳しくはこちら

CADデータ・技術資料

溶岩焼きグリル 商品名 CADデータ 溶岩焼きグリル:CL型 ダウンロード 溶岩

> 詳しくはこちら