※屋外排気する換気型もございます

壁付け型のメリット

暑くない!

調理中も人の顔に熱気や蒸気が当たらず、臭いも衣服に付かないから、いつでも快適作業!
吸い込み位置を下げることで、排気効率を高めることはできますが、熱効率は下がってしまいます。フィルターの向きを変えることにより)熱効率の問題を解消し、油煙の飛び散り熱気を防ぎます。

光熱費ダウン!

約60%の省エネを実現!排気量が少なければ少ない程、冷暖房効率アップ!
給排気によって、部屋の空気が大量に入れ替われば、当然冷暖房費が高くなります。汚れた空気を少ない排気量で処理することによって、冷暖房費の削減につながります。

リターンフードはこのような場所におすすめ

燃焼ガスを発生させず、回りの空気の温度を著しく上げることのない電気調理器具の場合、排気を室内循環で厨房に戻すことで、無駄な排気が減り冷暖房の効率が上がります。
ガスなどを使わないコンビニエンスストアやコーヒーショップ、地下の排気制限のある店舗におすすめです。

IHなど電器調理器具を使用の場合

燃焼ガスの発生がない場合はリターン
電磁調理器(IH)などの電力で動作する調理器具(電熱気を除く)は、燃焼ガスを発生しませんので、調理時に発生する空気を屋外に排気する必要はありません。汚れた空気を徹底的に除去できるからこそ、室内に戻すことができるのです。

電気容量が小さい店舗の場合

換気容量不足の解消と空調費の節約
エアコンなどの空調機器で温度調整された空気を循環させますので、電気代のかさむ真夏や真冬の空調費の節約ができます。電気容量が小さい店舗にもおすすめです。

排気制限がある場合

排気が自由にできない場所で有効
一部の地下街など排気が自由にできない場所は意外に多いものです。また、近隣への配慮から屋外排気を取りやめた場合などにも有効です(電力で動作する調理器具使用に限る)。