メルマガ【クリエ通信】 2012年 2月号

業務用厨房機器・換気装置の総合メーカー 株式会社クリエ

━━━━━━━━━━━━━━ http://www.c-clie.co.jp/ ━━

クリエ通信 2012年 2月号  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※メールマガジン『クリエ通信』は名刺交換させていただいた方、

商品をご購入いただいたお客様へ配信させていただいています。

株式会社クリエ メールマガジン担当 前島です。

メールマガジン『クリエ通信』は、

・厨房や店内環境を改善したい!

・お客様満足度だけでなくスタッフ満足度もアップしたい!

・ランニングコストをダウンさせたい!

など、厨房や店舗での空調関係の悩みに取り組んでいる方々へ

クリエ製品の最新情報や給気・排気・消臭などでの解決のヒントを

お送りしております。
―――――――――――――――――――――――――――――

 ■目次■

―――――――――――――――――――――――――――――

◆1  CLIE新着情報

◆2  納入店舗ご紹介  「薪窯焼PIZZA屋TIKU-」様

◆3  編集後記

―――――――――――――――――――――――――――――

 ◆1  CLIE新着情報 ◆

―――――――――――――――――――――――――――――

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … *

☆★ ULTRA-SMALL煤捕装置CLS型 新発売!! ★☆

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … *

クリエでは、小型の煤捕装置 CLS6を発売致しました。

⇒http://www.c-clie.co.jp/product/soot_emission/index.html

ストーブ用小型煤除去装置は以前からございましたが、この度更に

サイズをコンパクトに致しました。

具体的な寸法で申しますと、高さを250mmサイズダウン!

ご家庭の洗濯機よりも小さくなっておりますので、ご自宅でご使用の

薪ストーブに取り付ける場合にも設置場所を選ばず手軽に置けます。

⇒http://www.c-clie.co.jp/product/soot_emission/index.html

ULTRA-SMALL煤捕装置は、高温空気に水分を噴霧し温度を下げ、

油脂成分・臭い成分を凝固し排水致します。

運転終了後には装置内に溜まった煤・粉塵をその都度自動洗浄を

行い日々のメンテナンスも軽減させる優れモノ!!

(自動洗浄・手動洗浄を選択できます)

住宅密集地でも煤や臭いを気にせず薪ストーブを使用することが

可能です。

パンフレットはホームぺージより入手できます。

ぜひホームページへアクセスしてみてください。

⇒http://www.c-clie.co.jp/product/soot_emission/index.html

―――――――――――――――――――――――――――――

 ◆2  納入店舗ご紹介 薪窯焼PIZZA屋 TIKU-(チクー) 様

―――――――――――――――――――――――――――――

。.。:+* ゜ ゜゜ *+:。.。:+* ゜ ゜゜ *+:。.。.。:+* ゜ ゜゜ *

       薪窯焼PIZZA屋 TIKU- 様

    長野県長野市大字長野東町200番

。.。:+* ゜ ゜゜ *+:。.。:+* ゜ ゜゜ *+:。.。.。:+* ゜ ゜゜ *

2011年10月28日、クリエの電話が鳴りました。

それは、(株)MYROOMの倉石様より、クリエの煤捕装置についての

お問合せでした。

岐阜県でピザ窯メーカーをしておりま(株)コーノ様の御紹介により、

クリエにたどりついた・・とのことでした。

「善光寺でピッツェリアを開業させる為、ピザ窯に取り付ける煤捕装置

を検討してます」と、ご縁はここから始まり・・何度か現場打合せを行い、

1月12日ピザ窯が搬入され、その日の午後にクリエの煤捕装置を施工

させて頂きました。

しかし、長野県という土地柄、対処しなくてはならない問題が

ありました。

それは、天に向けて伸ばした排煙ダクトに降り注ぐ雪。

雨・風ならば対処は無用ですが、ダクト内に雪が解けずに積もってしまう

危険性をはらんでいた為、先端をY型に加工したものを取りつけ、

雪は積もらせず、なお且つ排煙機能も妨げないような形にで対処させて

頂きました。

3月11日オープン予定の「薪窯焼PIZZA屋 TIKU- 」様

是非一度足を運んでみてくださいね。

あつあつの美味しい窯焼きピザにきっと出会えますよ。

オープンの際にはクリエのブログにて紹介記事を載せていきたいと

考えております。3月号のメルマガもお楽しみに!

少し話は変わ(株)コーノ様よりご紹介頂き、薪窯焼PIZZA屋TIKU-様の

店舗設計をされました (株)MYROOM様

 ⇒http://myroom.naganoblog.jp/c29870.html

は長野県で不動産業をしており、空き屋・空き店舗仲介・リノベーション等

を行い「空家の未来をデザインする会社です」と謳っております。

後で知ることになったのですが、「仮住まいの輪」の長野県の窓口も

されています。

この「仮住まいの輪」とは、震災を乗り越え次の一歩を踏み出したいと

願う方と、それを支援したいと思う方の思いの輪がつながる、

住まい探し/住まい提供のプラットホームです。

応急仮設住宅や公営住宅など、公的な住宅支援が整うまでの

避難場所として。

他地域での再出発を選択される方が、仕事や住居を探す間の拠点として。

「仮住まいの輪」が被災者が「次の生活基盤」を築く為の「機会提供の場」

を目指しているようです。

この「仮住まいの輪」は建築・不動産業界の有志のボランティアにより

運営されています。

素晴らしい取り組みですよね。

(株)MYROOM様とのご縁がなければ前島も知ることはなかったと思います。

できる範囲で・・できるところから・・復興支援に携わって行くというのは

一企業の義務かもしれないなと思ったところです。

詳しくはこちら⇒https://www.karizumai.jp/

こうして考えてみると、たった一件のお電話、たった一件の物件でも

たくさんの方との「つながり」があるのだなぁと再認識致します。

その「つながり」は、とても貴重でありがたいものだと感謝しております。

―――――――――――――――――――――――――――――

◆3  編集後記

―――――――――――――――――――――――――――――

寒い日が続いております。春はまだまだずっと先のようですね・・。

ストーブや暖房の前が定位置になりつつある前島です。

そんな前島の小学校3年の息子もとうとうインフルエンザにかかり、

さらに学級閉鎖の危機がそこまで迫ってきました(泣)

小学校では「インフルエンザウィルスにはカテキンが効果的」・・と言われ

ているのを受けて(・・かどうか?)、「子供たちに緑茶でうがいをさせたい

ので緑茶を持参させてください」というお便りが回りました。

せっせと緑茶を作り水筒に入れて持たせる日々です。

おかげで私も緑茶を飲む回数が増えたので、結果オーライ

・・ってとこでしょうか。

「お茶」と言えば静岡県。

「静岡県」と言えばクリエ。

・・・と、言ってもらえるように、しっかりと仕事をしていきたいな(笑)

と思いました。

手洗い・うがい・マスク・換気でインフルエンザなんか寄せ付けません!

もしも換気・給気・排気・消臭・すす捕り等のお悩み、疑問などございまし

たら是非CLIEにお声を掛けていただけたら・・と思います。

⇒http://www.c-clie.co.jp/

そんな時にお役に立てる・・それがCLIEの活力になります。

それでは最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【株式会社クリエ】http://www.c-clie.co.jp

〒431-2102静岡県浜松市北区都田町7852-17

電話:053-428-0551

Fax :053-428-0552

お問い合せはこちら→ info@c-clie.co.jp

ブログはこちら→ http://blog.livedoor.jp/c_clie/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ【クリエ通信】 2012年 1月号

業務用厨房機器・換気装置の総合メーカー 株式会社クリエ
━━━━━━━━━━━━━━ http://www.c-clie.co.jp/ ━━
クリエ通信 2012年 1月号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※メールマガジン『クリエ通信』は名刺交換させていただいた方、

商品をご購入いただいたお客様へ配信させていただいています。
新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。
株式会社クリエメールマガジン担当 前島です。

メールマガジン『クリエ通信』は、

・厨房や店内環境を改善したい!

・お客様満足度だけでなくスタッフ満足度もアップしたい!

・ランニングコストをダウンさせたい!

など、厨房や店舗での空調関係の悩みに取り組んでいる方々へ

クリエ製品の最新情報や給気・排気・消臭などでの解決のヒントを

お送りしております。
―――――――――――――――――――――――――――――
■目次■
―――――――――――――――――――――――――――――

◆1 納入店舗ご紹介

◆2 CLIE ズームアップnews  『結露』 について

◆3 編集後記

―――――――――――――――――――――――――――――
◆1 納入店舗ご紹介◆
―――――――――――――――――――――――――――――

☆FRENCH DERICATESSEN KAMIYA(フレンチデリカテッセン カミヤ)様

http://www.fdkamiya.com/

〒153-0042

東京都目黒区青葉台3-17-7-1F

Tel 03-6416-4591

営業時間 9時 – 19時

定休日 月曜日

「神谷シェフ自家製シャルキトリーのハム、パテ、惣菜や、当店でしか

買えない鹿・鴨などのジビエシャルキトリー、そして独自の製法による

岩塩熟成肉がお持ち帰りができるお店です。」

さて、皆様、『シャルキトリー』『ジビエ』といわれて

『あぁ~、あれね・・』と思われた方はどれくらでしょうか?
前島は秋田県の田舎生まれ田舎育ちで、フランスパンですら18歳になる

まで食したことのない人種でした(苦笑)。

ネット検索の結果、「シャルキトリー」とはハム・ソーセージ・テリーヌ

などの肉加工食品のこと。

「ジビエ」とは狩猟による鳥獣肉のことだそうです。

古来より狩猟民族であった西洋人の食文化は、ジビエなしには語れない

と言っても良いでしょう。

現在でもフランスなどを狩猟時期に訪れると、食肉店の店先やマルシェ

などで毛がついたままの狩猟肉を日常茶飯事的に見ることができます。

・・と、書いてありました。

神谷氏は中目黒の「ラ・ブシェリー・デュ・ブッパ」のオーナーで、

http://dubuppa.com/

オープンから約5年もの試行錯誤を重ね、肉のうまみを極限まで引き出す

“低温熟成庫”を独自で開発。さらに新店舗オープンに際し、”ヒマラヤ

岩塩熟成庫”を新たに開発し導入した。その熟成庫は庫内側面の岩塩から

発するマイナスイオン効果が、肉のうまみを引き出すというもの。

神谷氏とそのお店にはまだまだ奥も幅もあり、豚肉のへのこだわりや、

ワインのこだわりなどご紹介しきれないのですが・・・

(株)クリエでは、燻した臭いやタール状の汚れや煙などを捕る

消煙装置を昨年11月に納入させていただきました。

http://www.c-clie.co.jp/product/soot_emission/index.html

「ジビエ」に「シャルキトリー」・・前島、ものすごく惹かれてます(笑)

ぜひ一度足を運んでみてください。

フランスの本物の家庭の味が味わえるのでは・・と思います。
―――――――――――――――――――――――――――――
◆2 CLIE ズームアップnews  『結露』 について
―――――――――――――――――――――――――――――

こんな経験ありますよね・・

・冷え冷えのビールを注いだとたんにグラスが曇り水滴が垂れた。

・車に乗って走り出したら窓が曇ってきた・・。

・お風呂から上がったら洗面台の鏡が曇った・・。

これらは全て『結露』のせいです。
結露は身近な現象であり、意外と複雑な仕組みになっているようですが、

温度と湿度さえ把握していればあとは数値で管理・判断が付きます。
*******************************
では結露の仕組みをご説明いたします。
*******************************
空気中には目に見えない水分が含まれているのですが、それは状況により

大きく変化していきます。

例えば、同じお部屋にいても、シンク付近と、稼動しているエアコン付近と

では空気中に含まれている水分にはかなりの差があります。
空気中の最大水蒸気量は温度が高いほど多くなり、温度が低いほど少なく

なります。

言い換えますと、空気に蓄えておくことの出来る水分には限りがあり、

温度が高いほど沢山の水分を蓄えることができる・・ということです。

そして、ある温度の空気中に含まれる最大水蒸気(水分)に対して、

その時点での実際の水蒸気量(水分)の割合を表したものを相対湿度

(以下「湿度」)と言います。(天気予報などで使われる「湿度」がこれです)

たとえば10℃の空気1立方メートルには、最大9.4gまでの水蒸気しか

入ることはできませんが、20℃の空気1立方メートルには最大17.3gまで

の水蒸気が入ることができます。

どちらの場合も湿度100%と言うことになります。
***********************************************
湿り空気h-x線図から、もう少し細かく見ていきましょう。
***********************************************
条件は、ドライエア(宇宙での計測と思ってください)です。
室温25度 湿度50% の時、結露が発生する外気温度が13.5度

その時の発生水分量は0.00975kg

13.5度より気温が下がった時点で結露が発生することになります。
室温20度 湿度50% の時、結露が発生する外気温度が9.5度

その時の発生水分量が0.00725kg
ここで解るのは、室温25度 湿度50% 外気温度が13.5度

のお部屋で、外気温が9.5度まで下がりました。

それに伴い室温も20度まで下げました。

その時に結露にて発生する水分量は0.0025kg

ということが解ります。
室温20度 湿度50% の時、結露が発生する外気温度が9.5度

結露を発生させたくない場合は、外気との接触面を9.5度よりも高く

させておく、もしくは、室内の湿度を下げておくことです。
結露には「表面結露」と「内部結露」があり、コップの表面に出来る結露

や、窓ガラスなどに起こるのは「表面結露」。

押入れの床や、クロスが湿気る、建物内部から発生してくるものを

「内部結露」と呼んでいます。
飲食店に設置したダクト内で水が何リットルも発生したことがありましたが

悪さしたのはやはり「結露」でした。

内部結露が発生した・・ということですね。

塵もつもれば・・で何リットルもの水が発生することになるのですね。
「結露」・・・しっかりと理解してお付き合いしていきたいですね。

http://www.c-clie.co.jp/product/steam_cut_hood/index.html

http://www.c-clie.co.jp/product/supply/index.html
―――――――――――――――――――――――――――――
◆3 編集後記
―――――――――――――――――――――――――――――

新年明けましておめでとうございます。

どんな年明けとなりましたでしょうか?

前島は今年もスキーに行ってきました。

日本には大変すばらしい四季があり、その中の冬のスポーツの代表

といえばスキーではないでしょうか・・。

スキーをしながら、今年も例年通り雪が降り積もり、芽吹く春を迎え、

新緑、紅葉、落葉を迎え、やがて大地を肥やし・・・と、この自然サイクル

を守っていかなくちゃなぁ~・・と思ったところです。

少しでも環境に携わった会社に勤めたのも何かのご縁・・

クリエの環境に優しい製品を強くプッシュしていきたいです。

もしも換気・給気・排気・消臭・すす捕り等のお悩み、疑問などございまし

たら是非CLIEにお声を掛けていただけたら・・と思います。

http://www.c-clie.co.jp/

そんな時にお役に立てる・・それがCLIEの活力になります。

それでは最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【株式会社クリエ】http://www.c-clie.co.jp
〒431-2102静岡県浜松市北区都田町7852-17
電話:053-428-0551
Fax :053-428-0552
お問い合せはこちら→ info@c-clie.co.jp
ブログはこちら→ http://blog.livedoor.jp/c_clie/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━