1. ホーム
  2. クリエコラム:給気について

給気について

換気を考えるうえで、給気はとても重要です。換気装置のパイオニアメーカーとして、クリエは創業以来、給気と排気のベストバランスを追求しています。

給気を制する者が排気を制す!
効果的な排気を求めるなら、給気を極めることが絶対条件です。

質問:換気をするということはどういう意味ですか?

答えは「室内の空気と外気を入れ替えること」です。
あまりにも簡単な質問でした。「そんなこと当たり前でしょう」と思われたはずです。
換気の基本について皆さんご存じのはずです。しかし換気について機器を検討する場合、給気(空気の取り入れ口)を意識したことがありますか?
排気装置の性能ばかり考えていませんか?

給気の重要性を知って欲しいとクリエは考えています。

給気が少ない場合、排気装置の能力が著しく低下したり、「寒すぎる・暑すぎる」など季節以上の暑さや寒さを感じることで必要以上の室温調整だけでなく、「扉のスキ間などから音がする」、「扉の開閉が困難になる」、など様々なデメリットが生じる原因になります。

暑すぎたり寒すぎたりするお店で、お客様は食事を楽しむことができるでしょうか?店内の換気環境はお店のブランド構築や売上げを左右する重要なポイントです。

家族や恋人、友達や大切な人との食事はとても楽しい時間です。レストランや焼肉店、居酒屋で過ごす時間はとても楽しい瞬間です。
美味しい食事であっても、店内に入ったときに扉が重い、風切り音がする、暑すぎたり寒すぎたりしたら、お客様はどう感じるでしょう。
いくら食事が美味しくても、お客様が店内環境が満足できないとしたら、お店のイメージが大きくダウンしてしまいます。
換気装置のパイオニアであるクリエは、店舗に関わる全ての人である経営者・スタッフ・お客様が笑顔で過ごせる快適で安心・安全な空間を提供するために給気・排気装置を提供しています。

給気の基本を考える

当然ですが、給気がないと排気はできません。
最近の建物は機密性が高くなり、隙間風など自然の通気性は期待できません。

換気は給気と排気という2つの作用から成り立ち自然換気によるか、機械換気によるかに分類されます。排風機が取り付けてあっても、給気する箇所がなければ排出機能は正常に働かず、また新鮮な空気が補給できない為、ガス器具などの燃焼時COの発生量が増加します。

また、無煙ロースター及び個別フード等火気使用器具の排気状態は、排気時高温燃焼空気と室内低温空気との混合比が、排気量の減少にともない高温空気比が大きくなる為、防火ダンパー安全装置が切れたりして、火災原因の一部になります。

レンジフードと天井給気の関係

厨房排気装置である当社レンジフード バブルクリーンの性能を最大限に発揮する為、吸込みが横風の影響を受けずに、一番効率良く排気されるように、レンジフードの前方に給気口を設置する必要があります。

近くに給気口を設置し、ショートサーキットさせることにより、冷暖房された客室の空気への影響をおさえます。

天井給気口は、給気口本体側面に給気孔を設けてあるので、風の流れが直接人に向かうことなく、穏やかに給気されます。

給気口(天井給気口・壁面給気口)

給気と排気のバランスが換気にはとても大切です。

換気不良は、給気不足によることが殆どです。換気装置があっても、給気が足りなければ、正常に機能せず、室内の環境を悪化させます。反対に排気量を賄う充分な給気があれば、室内環境は向上し、冷暖房の効率アップにもつながります。

給気口(天井給気口・壁面給気口)

製品詳細ページへ

厨房用バブルクリーンフード

熱気が当たらず、快適調理! 厳しい夏冬こそ違いが解る快適さ!

油分除去、ダクト内火災の防止、セラミックフィルター内蔵で臭気78%除去!
また通常のレンジフードと比較して約60%の省エネ、ダクト火災を防止する2重の防火機能など、装置内での空気洗浄をめざすと共に、快適で清潔で安全な厨房づくりをコンセプトに開発されました。
電化厨房や排気制限のある店舗には、リターンフード(室内循環)で排気をゼロに抑える注目の厨房用排気装置です。

厨房用レンジフード:バブルクリーンKC-92

製品詳細ページへ

このページの上へ