全国のピザ窯にも使われている「薪窯排気すす取り装置 ススとり君」を小型化した家庭用タイプです。
今まで薪ストーブの煙突から排気される「煙・煤(すす)」によるご近所とのトラブル・苦情や大変な煙突掃除の悩みで、憧れの薪ストーブの設置に踏み切れなかったご家庭への薪ストーブ設置を後押しします。

高温空気に水分を噴霧し温度を下げ、家庭用の薪ストーブ等から発生する油分や煤塵で汚れた空気【油煙・煤塵・煤(すす)・水溶性の有害物質 】 を、排気の流れに沿った水の力を活用し取り除きます。
「ススとり君home CLS型」と、さらなる臭気除去が期待できる「ススとり君home CLSC型」があります。CLSC型は、CLS型にセラミックフィルターを加えることにより捕集しきれなかった臭気を吸着させます。都心や住宅密集地でご使用される場合におすすめです。

システム構成図 【CLS1S型】

強制排気筒「DRACO(ドラコ)」もございます。

注意事項

※送風機(ファン)は電気制御部品ですので経年劣化等で故障することがあり、交換が必要となります。
※制御BOXはオプションです。上図は、制御BOXを付けた場合の機能です。
制御BOXをオプションで付けない場合は、定期的に運転終了後の洗浄機能(洗浄ノズル)のバルブを手動で開ける必要があります。また、薪ストーブ稼働中は運転水(運転ノズル)のバルブを手動で開ける必要があります。

家庭用薪ストーブ排気すす取り装置「ススとり君home」の特性

薪ストーブからの排気途中で湿式方法による煤塵の除去をおこなう装置で、薪を燃やした時に出る、煤に水分噴霧し凝固させ、排出します。

  1. 煤(すす)・煤塵(ばいじん:気体中に存在するすすなどの微粒子)を水分と絡ませ除去
  2. 湿式方法により排熱温度を下げる
  3. 運転終了後に装置内に溜まった煤塵をその都度自動洗浄をおこない、日々のメンテナンスの軽減(制御ボックス無しの場合は、手動でバルブを開けて洗浄を行ってください) 。
  4. 異常高温時(表面温度100℃感知)には洗浄機能が緊急開放、75℃自動復帰
注意事項

*装置は、負圧状態で御使用ください。
*煙道施工は専門業者にて施工してください。

ススとり君home CLS型

排気の流れに沿った3段階の除去機能により、水の力で汚れた空気から油分や煤塵、有害物質を取り除きます。油・煤塵・水溶性の有害物質に威力を発揮します。

消臭・油煙・粉塵除去装置CLCN/CLS型

油・粉塵・水溶性の有害物質を根こそぎカット!幅広い業種に対応した当社エアクリーンのスタンダード製品です。

特許・実用新案申請中

消臭・油煙・粉塵・煤除去装置エアークリーンCLCN/CLS型は店内や厨房・窯・グリル・薪ストーブ等から発生する油分や粉塵・煤で汚れた空気を、排気の流れに沿った水の力を活用した除去機能で油煙・粉塵・煤・水溶性の有害物質を取り除きます。
CLCN型は現在『ススとり君』の愛称で親しまれ、全国各地のピッツェリアで活躍中です。CLS型は、CLCN型の実績を基に新たに家庭薪ストーブ用『ススとり君home』として実績を伸ばしています。

『ススとり君CLCN型』通過後の約10%煤(スス)を含んだ排気からさらに煤を除去するBiboもございます。

ススとり君home CLSC型

CLS型にセラミックフィルターを加えることにより捕集しきれなかった臭気を吸着させます。 都心や住宅密集地でご使用される場合におすすめです。

CLCC/CLCD/CLSC型(CLCN型+セラミックフィルター)

臭気除去専用のエアークリーン
優れた吸着性を持つセラミックフィルターにより、臭気をカット! クリーンな空気を排出します。

エアークリーンCLCC/CLCD/CLSC型はCLCN型に「脱臭」に特化した高性能空気浄化フィルターユニットをプラスしたものです。フィルターの素材はセラミックです。CLS型にセラミックフィルターを加えることにより捕集しきれなかった臭気を吸着させます。

活性炭繊維は可燃性ですが、セラミックフィルターは不燃性です。万が一ダクト内に炎が入ってしまった場合にも火災の心配は不要です。

また、自動洗浄機能により、セラミックフィルターも一緒に洗浄します。その為消臭性能は持続し、フィルター交換のコストを激減致します。

セラミックの特徴

不燃性の消臭フィルター!

陶土と竹炭を”炭化融合”させた臭気吸着材です。
クリエでは臭気吸着材としてセラミックを使用致しました。陶土と竹炭を”炭化融合”させるという世界でも前例のない素材を当社のエコクリーン用に採用致しました。「天然空気清浄作用や健康維持管理を補助する素材」として開発された素材です。竹炭の空気清浄効果は既に周知の事実。それを陶土と合わせ、クリエの不燃性の消臭フィルターとして採用致しました。

セラミックフィルターの交換スパン推奨

割れてしまった部分だけを交換することが可能です。
セラミックフィルターが、ご使用中に何らかの衝撃等により万が一割れてしまい、フィルターとしての能力を失った場合には交換が必要となります。割れてしまった部分だけを交換することが可能です。また、消臭能力は持続は致しますが、洗浄しきれない微細な部分が蓄積し徐々に性能が落ちる場合もございます。約5年を目途に交換することを推奨致します。