エアコンは室外機が大事です!

猛暑日が連日しております日本全国の皆様 お見舞い申し上げます。
こちら浜松市も過去にないほどの猛暑を経験しております。
毎日のようにエアコンフル稼働させております。

さて、もはや命綱とも言えそうなエアコンですが、電気代が心配になってきますよね。
いかにして電気使用量を抑えられるのか・・。
ネットにもたくさん情報が載ってましたのでご紹介いたします。

 1.立ち上げてからしばらくは「強風」の方が省エネ
 2.風向きはできるだけ水平に
 3.除湿モードは使わない
 4.熱交換の効率を上げる為、室外機を冷やす

クリエでは、4.室外機を冷やす を「トラブルカット」という商品名で商品化し、創業当初にご提案しておりました。
時代は巡り、「トラブルカット」の存在が大分薄れてきましたが、ここで今一度リニューアルさせて販売致します。
『換気装置の総合メーカー』のクリエが原点に返りご提案させていただきたい商品です。
営業・稼働がされるときには、必ず「人間」が関係しています。
夏場の営業・稼働をするとにきはやはり室内を人間が働ける温度・心地よい温度に保たなくてはいけないのですが、完全にエアコンに頼っている現状です。

クリエがご提案する「トラブルカット」

エアコンの室外機では、冷房時は室内から来た熱を放出し、熱交換することで冷たい液体(冷媒)を作り、室内機へ送りだします。
室内機では、室外機から来た冷たい液体を冷気として放出し、室内の熱気をとりこみ室外機へ送ります。
そのとき、室外機(熱交換器やファン等)が熱くなっていると熱交換の効率が悪くなり、消費電力が大きくなります。
「室外機」というくらいですので、屋外に置くのがセオリーなのですが、最近の異常気象により室外機にも負荷がかかり気味です。
負荷がかかってしまうとどうなるのか・・。熱交換がうまく出来ず、エアコンが効かない、ということになります。

こうなる前のクリエの「トラブルカット」です。
サーモスタット内蔵で、外気温度によって散水します。
噴霧ノズルからは霧状の水が間欠運転で噴霧されます。電気使用量・水道使用量が極少量で済みます。
室外機へ自動散水し、気化熱の原理を利用して室外機の内部にある熱交換器を冷却させる装置が「トラブルカット」です。室外機が稼働を停止してしまう「高圧カット」の状態を回避させます。

何かを「冷やす」ということは、「熱を奪う」こと

熱を奪う「吸熱」は分子の状態変化「融解・蒸発(気化)」によって起こります。
分子は絶えず自由に動いています。特に液体から気体、気体から液体への変化は身近にあります。
洗濯物が乾く、雨が降る、蒸し器から湯気が上がる、等々。
常温では、液体の水が多ければ多めに気体(気化)になり、気体の水分が多ければ多めに液体になります。なので、故意に布や皮膚などを濡らして、液体の水分が多い状態を作れば、気体になろうとする水分が増えます。
水が気体になろうとするために必要なエネルギーよりも周辺に存在する熱エネルギーが高い時、その熱エネルギーを利用して(奪って)水は気体になって空気中に逃げるのですが、これが濡らすと冷える原理なのです。

濡らすと冷える原理を利用し、エアコンの室外機周辺の熱を奪わせる

熱を奪わせた「冷えた」状態の空気を室外機に取り込ませます。
これで「高圧カット」によるエアコンのトラブルは発生しません。
お店や工場など、エアコンが止まってしまうと困る・営業できないような箇所には必須ですね。

トラブルカット セット内容

トラブルカット 追加部品


※価格は定価で税別となります。送料は別途かかります。
※取付けに必要な配線器具、取付ネジ・ボルト・ナット類、ホース等はご自分でご用意ください。
※弊社ホームページ内の「トラブルカット」もご覧ください。
※クリエの屋根裏換気システムと合わせてご利用いただくとより効果的です。

製品に関するお問い合せは株式会社クリエまでお気軽にお問い合せください。

電話:053-428-0551
FAX:053-428-0552
メールでのお問い合せ:お問い合せフォーム

屋根裏換気システム、ついに発売致します!

弊社では、創業当初から今日まで「屋根裏換気システム」をご提案・ご案内させていただいておりました。
これまでは屋根裏換気システムについてご相談いただき、換気改善工事として施工を請け負っておりましたが、この度、屋根裏換気システムをキット(組立材料一式)にして販売致します。

屋根裏の熱気を簡単に外気と入れ替えましょう!

『屋根裏』はとても過酷な空間です。ダブルパンチで昇温していきます。まずは太陽が屋根を熱します。その熱で屋根裏の温度もどんどん上がります。同時に居室空間からの熱せられた空気が天井から天井裏(屋根裏)へと上っていき、溜まります。行き場のない熱は屋根裏スペースからの輻射熱でじわじわと居室空間へと温かさが伝わってきます。いくら室内でエアコンをかけても効きが悪い、なんてことも起こりえます。

そんな屋根裏にはクリエの「屋根裏換気システム」をおすすめします。サーモスタットで、送風機のスイッチが入る温度、スイッチが切れる温度を設定しますので、電源オン・オフの手間はありませんし、無駄に送風機を稼働させたりはしません。電器ボックスにはブレーカーを内蔵してありますので、万が一の故障等でも、居室空間側の送電には影響を与えません。送風機に取り付ける定着カラーもキットに入ってます。排気用に壁面を開口するのに専用工具等必要かと思いますが、DIYが得意な方、工具類が揃っている方でしたらご自分で設置も可能です。

屋根裏の熱気を外気と入れ替えることにより、エアコンの電気使用量を抑え、結果省エネへとつながります。
清々しい室内環境が手に入り、さらに省エネになるのですから一挙両得です。

屋根裏換気システム キット内容

屋根裏換気システム オプション品

キット以外で必要な部材を追加してご購入下さい。


※価格は全て税別です。

※別途送料:本州5,000円 北海道・九州・四国:6,800円 (沖縄・離島はお問合せ下さい)がかかります。


弊社ホームページ内の「屋根裏換気システム」もご覧ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
製品に関するお問い合せは株式会社クリエまでお気軽にお問い合せください。

電話:053-428-0551
FAX:053-428-0552
メールでのお問い合せ:お問い合せフォーム

強制排気筒 DRACO(ドラコ)【ご購入と施工の変更について】

今までお問い合わせをいただいていたにもかかわらず、販売方法が確立されていなかったDRACOですが、標準の家庭用薪ストーブ使用の場合に限り、この度ようやく直接販売(製品直送)可能となりました。
また価格面につきましても、必要最小限の部品にとどめ、あれこれと付いていた条件を外しましたので、お客様の出費がかなり減るのではないかと思います。

ちょっと高額であきらめていた方にも、再度ご提案させていただきます。

変更点は下表のとおりです。ただし、次の点につきましてご確認ください。
◆施工の際には、火災予防条例遵守をお願いします。また、所轄の消防署にご相談されることをおすすめします。
なお、ご自分で施工できない場合は、必ずストーブ店・工務店様等経由でご購入下さい。

今まで  → これから
弊社(富山工場)から出張し施工 施工 お客様施工もしくは工務店様等で購入・施工
⇒参照:「強制排気筒 施工マニュアル 【標準家庭用薪ストーブの場合】」
強制排気筒近くの水道設備を給水工事 給水 ご自身で水道の蛇口から延長ホースでカチット接続
・1回/週程度の洗浄をお願いします。

強制排気筒「DRACO(ドラコ)」価格

家庭用薪ストーブ仕様(標準) ピザ窯仕様(標準)
本体販売価格
(消費税別)
¥240,000 ¥260,000

※弊社にて設置工事は承っておりません。
※表示価格は、全国一律の販売価格です。
※表示価格は、2018年6月時点のものであり、変更される場合があります。
本商品の購入においては、購入の時点で当社Webサイト(or 当社ホームページ)に表示されている価格の情報が適用されます。


※送風機(排気ファン)は電気制御部品ですので故障することがあります。初期購入時に交換用として購入しておくことをお勧めします。


製品の詳細は、弊社ホームページ内の「強制排気筒:製品概要」からご覧ください。

お問い合せはFAXやメールでお気軽に株式会社クリエまでお願いします。

電話:053-428-0551
FAX:053-428-0552
メールでのお問い合せ:お問い合せフォーム

海鮮浜焼きに超絶おすすめ!貝の吹きこぼれにも火力維持簡単!【溶岩焼グリル】

ステーキや牛タンなど肉類を焼くのに認知されているクリエの溶岩焼グリルですが、実は海鮮焼き・浜焼きにこそ、その威力を十二分に発揮します。

焼くと水分が溢れ出る貝類

実は、お客様からのお問い合わせにこのようなものがありました。

「貝を炭で焼くと水分があふれ出てきて炭の温度が下がり、
                元の温度に戻すのがなかなか大変なんです。」

そうなんです!
貝類の他にエビ、カニなどの甲殻類には多くの海水・水分を含んでおり、特に貝は炭火を消してしまうほど、水分をはき出すものがあります。

貝が焼け始めると徐々に水があふれ出て、火力が弱まってしまうことに焼き場のプロの方が危惧されているのです。おいしさにも影響を及ぼしているのかもしれませんね。
しかも、水分が落ちることで灰が舞い散り周りを汚してしまいます。

炭の火をおこすのも、温度を上げるのも時間がかかるならば、炭で貝を焼くのは大変だということは納得です。

一方、「溶岩焼グリル」はガスで溶岩を熱します。
なぜかというと、炭や薪と違い溶岩は火おこしができません。溶岩の蓄熱を維持するために熱し続ける必要があります。
そして、この蓄熱力が炭よりも高いのも溶岩の特長です。

また、ガスで十分に熱し最高点に達した溶岩は、強火で熱し続ける必要はありません。
貝から出る水分で温度が下がってしまったとしても、蓄熱力が高いため温度の下がり幅も少ないですし、ガスの炎を大きくすれば簡単に温度を上げることができます。
そして、灰が舞い散ることもありません。

火力維持が簡単にできるからこそ、ここぞ!という「焼き」のタイミングを逃さない!のです。

結論を言いますと、貝類を焼くには溶岩焼グリルがもってこいです!!

皮はパリッと身はふっくら!おいしい魚の焼き方

美味しい魚の焼き方は、パリッとした皮とフワッとした身。
コツは「強火の遠火」(炭・溶岩の場合)、「なるべく短時間に焼くのが鉄則」なんだそうです。

それだったら、クリエの溶岩焼グリルがぴったりです。
安定した火力輻射熱少ない水分で皮はパリッと身はふっくらと焼けます。
輻射熱、少ない水分は炭の場合も同様です。しかし、ガス火のみの過熱の場合は、遠赤外線・近赤外線が乏しく水分を多く含むため、このようにおいしく焼くことはできません。ガスで焼くより炭で焼いたほうがおいしいという事実は、皆さん実体験としてお持ちだと思いますが、これらが関係しています。

以前、炭コンロを使用されていたお客様に溶岩焼グリルをご購入いただき、「お客様の声」を特別に頂いたことがありましたが、その中にこのような一文がありました。

「煤飛び、火力の維持、メンテナンス、油脂の多い食材が焼けない、煙が多い、等の問題を改善できた。」
ブログ:溶岩焼グリルの口コミ・評判 | とても満足しています! | 馳走たいせい様(岡山県)

このお客様からの声からも、「火力の維持」が折り紙付きなのはもちろん、クリエの溶岩焼グリルは脂の乗った旬の魚を焼くにもぴったりなのがわかりますね。

馳走たいせい様の飲食店グルメサイトに、ウロコ1枚1枚が立つほど皮がパリッと焼き上げられた甘鯛の投稿写真を拝見することができます。
それでいて、旨み成分を閉じ込めて中身はしっとりと焼き上げることができます。
これこそが焼き物のおいしさの基本「パリッとした皮とフワッとした身」です!
(著作権の関係から、ここでご紹介できないのが至極残念です。)

是非、魚・貝・甲殻類にもクリエの溶岩焼グリルで美味しい焼き物をどうぞ。


FAXやメールでのお問い合せは株式会社クリエまでお気軽にお問い合せください。

電話:053-428-0551
FAX:053-428-0552
メールでのお問い合せ:お問い合せフォーム

気になる臭気、排気ガスによる屋外の汚れの吸着もしてクリアな空気!!【天井給気口】

はじめて「天井給気口」をご覧になったお客様の中には、ダクトを使用せず天井裏を通して給気するということに、天井裏の汚れが気になるなど戸惑いを感じられる方もいらっしゃいます。
天井裏給気口にはシートタイプの高機能活性炭フィルターが標準で付属しており、埃や虫、花粉などを吸着してくれます。

今回は、このシートタイプの高機能活性炭フィルターの効果を最大限に発揮させるために、ロールタイプの高機能活性炭フィルターのオプション販売を開始いたします。

実は驚くほど汚れている屋外の空気!

東京の物件で、給気口の活性炭を交換するときには、排気ガスが原因と思われる汚れが驚くほど付着しています。
全国各地の物件で活性炭フィルターの交換を経験していますが、東京を初めとした大都市で付着している汚れは他の一般的な地域とは比べものにならないほど汚いです。
この外気と同じ汚れが室内にも入ってきた場合を考えると、健康被害も含め考えさせられます。
空気の汚れを意識することは一般の方はあまりないので、特別気になる方も少ないかもしれませんが、当社は空気の汚れをフィルターの汚れとしていつも実感しています。
普段何気なく吸っている空気ですが、空気の汚れを実感している私たちだからこそ、室内だけでもクリーンな空気をお届けしたいと考えています。

高機能活性炭フィルターで吸着

当社では、天井給気口のオプション品としてロールタイプの活性炭を販売いたします。
外気の汚れをよりキレイにするためのオプション品です。

従来のTM-58の標準付属品の活性炭シートより空気に触れあう断面を増やし、有害な化学物質や気になる臭気を、信頼のおける国内大手メーカーの活性炭フィルターでより一層吸着させます。
シックハウスの原因物質や気になる臭気、排気ガスによる屋外の汚れに効果的です。

シートタイプ(標準付属品) ロールールタイプ(別売)4巻1セット
定価¥12,000(消費税別)
  
丸型にカットした活性炭シート1枚  活性炭フィルターを円筒状に巻き、空気に触れあう断面を増やし、空気の流れを妨げないようセット

※シートタイプ(標準付属品)の交換用活性炭(5枚1組)もございます。
どちらのタイプも、定期的にお取替えください。

飲食店の客席・エントランス・トイレ前におすすめ!<TM-58(P)>

給気をしなくてはいけないのは、厨房だけではありません。
忘れがちですが、飲食店や食堂の客席にも必要です。

一般的に、飲食店の客席においては給気量が足りない傾向にあります。
そこで、通過風量が小さい給気口TM-58を客席やエントランス・トイレ前にも計画的に設置することで、厨房やトイレの臭いが客席に流れにくくなるなど、店舗全体の換気がスムーズに行えるようになります。

居心地のいい客席づくりのためには、通過風量の小さいTM-58を、そしてロールタイプ活性炭を忘れずに設置しましょう。

<TM-58(P)>仕様

外形寸法 開口寸法 通過風量 本体焼付
粉体塗装
材質 製品重量 標準付属品 定価(消費税別)
(P:結露防止仕様)
 Φ400×65  Φ200  400㎥/h 白(W)
黒(B)
 鉄  2.0kg  活性炭
フィルター
 ¥19,000
(¥21,000)

FAXやメールでのお問い合せは株式会社クリエまでお気軽にお問い合せください。

電話:053-428-0551
FAX:053-428-0552
メールでのお問い合せ:お問い合せフォーム