夏季休暇のお知らせ

株式会社クリエでは、2017年の夏季休業日を次の通りとさせていただきます。

=============================
・8月11日(金)~8月20日(日)まで 休業

8月21日(月)より平常通り
=============================

休業日中に頂きましたメールやFAX等は、営業再開後 順次対応させていただきますのでご了承の程、お願い致します。
お問い合わせ・ご質問は(株)クリエまでお気軽にお問い合わせください。

御不便をおかけいたしますが、なにとぞご理解いただきますようお願いいたします。


電話 : 053-428-0551

FAX : 053-428-0552

メールでのお問い合わせ : お問い合わせフォーム

【クリエ通信】2017年7月号 配信しました

―――――――――――――――――――――――――――――

■目次■

―――――――――――――――――――――――――――――

◆1) 納入実績ご紹介 リゴレット様3店舗にススとり君

◆2) 第7回LIXIL国際大学建築コンペ 最優秀賞でドラコ

◆3) 編集後記

―――――――――――――――――――――――――――――

◆1) 納入実績ご紹介 リゴレット様3店舗にススとり君

―――――――――――――――――――――――――――――
5月中旬から、6月上旬にかけて、リゴレット様3店舗に

薪炊きのピザ窯からの油煙・煤の混じった排気を浄化させてから

外部へと排気させる装置、「ススとり君」を納入させていただき

ました。

 リゴレット様ホームページ

 ススとり君ホームページ
その3店舗をご紹介いたします。

1店舗目 「カフェ リゴレット吉祥寺」

住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-14-25

 吉祥寺第二マーブルビル1階・2階

TEL 0422-28-7676

営業時間 11:00~翌1:00(L.O 00:30)

     ランチ11:00~15:00L.O

■席数:150席 ■個室:無 ■駐車場:無

東急裏と呼ばれるエリアにあります。

スペインとイタリアンを組み合わせた「スパニッシュイタリアン」

をコンセプトにしていて、スペインのバールを思わせるような大人

の雰囲気。

一軒屋風でテラス席もあり贅沢感があります。

贅沢感はそれだけで醸し出しているわけではなく、イスやテーブル

などの家具、シャンデリア等のライティング、洋書の置かれた

大きめな本棚、おひとり様にもうれしいバーカウンター。

お写真では暖炉も見えます。

またさらに、店員さんの応対にも はなまる がついていました。

安心して足を運べますし、やはりきびきびとした気の利いた接客を

してもらえると気分もあがりますよね。

口コミに「日本を忘れるような落ち着いていて広々とした店内」と

書かれているのを読んで、その通りだろうな、と思いました。

すごく素敵な空間になっています。

ススとり君は5月17日から18日にかけて設置してきました。

屋上に設置し、ピザ窯からの排気ダクトを繋ぎ、屋上で排気します。

二店舗目 「リゴレット タパス ラウンジ仙台」

住所 宮城県仙台市青葉区中央1丁目6-1

TEL 022-716-0678

営業時間 11:30~翌2:00(L.O 1:30)

     ランチ11:30~15:00L.O

■席数:150席 ■個室:無 ■駐車場:無

店名にあります「タパス」とは、スペインの小皿料理のことです。

常時30種以上のタパスをご用意しております。

また、「モハン・セラーノ」という生ハムもご用意。

本場スペインでは、日本で言うマグロ的存在だそうです。

店内は中央が吹き抜けでシャンデリア。ゴージャス感たっぷり。

椅子やテーブル等、内装の色合いも赤と黒でとてもオシャレです。

窓が大きくとってあるので明るくて雰囲気も良さそうです。

ススとり君は、5月29日から30日にかけて設置してきました。

建物の外、腰高くらいの柵をまたぐ様に台を設置し、その台の

上に置かれました。ススとり君の設置場所を上手に確保した

良い例ではないかと思います。

3店舗目は、「リゴレット オーシャンクラブ」

住所 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-15

CRANE YOKOHAMAビル1F

TEL 045-317-0355

営業時間 11:30~翌2:00(L.O 1:30)

     ランチ11:30~15:00L.O

■席数:150席 ■個室:有 ■駐車場:無

北スペイン・バスク地方の“宝石”サンセバスチャンの漁町バルを

イメージした、素朴でシンプルながらも毎日つまみたくなる魚介

料理の店。内装がやはりかなり素敵です。

まるで海の中?船の中?波打ち際の海の家? なんだかぴったりと

合う言葉がみつかりませんが、目に見えるものすべてが洗練され

ていて雰囲気がとても良い感じです。

運河沿いのテラス席がとても気になりました。横浜の風を感じながら

ゆっくりと食事ができそうです。

ススとり君は6月1日~2日にかけて設置してきました。

こちらは配置・位置決めにとても苦労しました。

都会の建物の外部には余分なスペースがないのですね。

本来縦型のススとり君を横に置く形にしてどうにか配置させることが

できました。

3店舗とも薪炊きのピザ窯からの煤を含んだ排気を浄化させ

きれいな排気にして外に出すことができました。

環境にもやさしいリゴレット様。

ありがとうございました。

 クリエホームページはこちら
―――――――――――――――――――――――――――――

◆2) 第7回LIXIL国際大学建築コンペ 最優秀賞 でドラコ

―――――――――――――――――――――――――――――
平成29年4月19日 世界各国の建築大学が参加した、第7回

LIXIL国際大学建築コンペ「自然の中のスパ」において、

世界11カ国・13大学の中から九州大学チームの提案

「Colobockle Nest(コロポックル ネスト)」が最優秀賞を獲得

しました。

 公益財団法人LIXIL住生活財団ホームページ

 
住宅・建材産業に関する調査・研究及び、人材育成等の事業に対し

助成・支援する 公益財団法人LIXIL住生活財団が、次世代のサステ

ナブル住宅の技術を模索・検証し、社会にその技術を発信すること

を目的に行われたコンペです。

九州大学の「コロポックル ネスト」は、スパ空間全体の中で起こる

1つ1つの“体験”に連続性を持たせ、お湯に入るまでのプロセス

全体をデザインしている点や、コンセプトを作るにあたりその土地の

文化まで考え、アイヌの伝承をモチーフにデザイン設計されている点

などが高く評価され、最優秀賞の受賞となりました。

それで。

それでですね、なんと、そのコロポックル ネストの設計に、

クリエの製品、ドラコが入っていたんです!

 強制排気装置 ドラコ ホームページ

「自然の中のスパ」というテーマで九州大学チームの提案はこうです。

『北海道に伝わるコロボックルの伝説にちなみ,蕗の葉の下にある

竪穴住居をイメージ。葉の下で自ら薪を焚いて上にある露天風呂に

入って大自然を感じる、環境との共生を旨とするものです。』

そうです。今回のテーマは「自然の中のスパ(お風呂)」なんです。

薪を焚いて露天風呂のお湯をつくるようです。

薪を焚けば煤がでます。

「大自然の中のスパ」が煙臭い、とか、煤けてる、とか、残念な

事態はイヤですよね。

そこに強制排気装置のドラコを選択してくれていました。

お電話でドラコについてお問い合わせを頂き、その時は何のこと

なのかよくわかりませんでした。

「九州大学のー」とか「設置場所は北海道のー」とか・・・。

よくよく聞いてみると、今回のお話の背景が見えてきて、なんだか

急にわくわくしてきました(笑)

「コロポックル ネスト」カタチになるのをとても楽しみにして

います。

弊社でお役に立てるところがあるのでしたら、ぜひとも応援

していきたいと思います。

クリエホームページはこちら
―――――――――――――――――――――――――――――

◆3)編集後記

――――――――――――――――――――――――――――
最近のクリエ情報をちょっとだけ。

高田が車を乗り替えました。

緑のハイエースだったのですが、走行距離15万キロを超えて、

いよいよ替えた方がいいだろう、ということで、またハイエース

にしました。

実は私もまだ見せていただけてないので、お色やその他の詳細

は知らないのですが、なんでもキャンピング仕様だとか!

これで安心して日本を駆け回れますね(笑)

壁面給気口TO-38のご注文が増えています。

とてもありがたいことで嬉しいです。

思わず万歳してしまうくらいです。

TO-38は、処理風量も3500m3/h と大きいので、これまで

1台のご注文をいただくことはあっても、二けたのご注文を

一度にいただくことはなかったです。

より良い製品づくりの為に、設置後のご感想やご意見がお聞き

できればいいなぁと常日頃思っているのですが、なかなか思う

ようにできていないのが反省点であり、改善点だなと思ってます。

富山県の工場に工具が増えました。

工場を閉める方がいらっしゃり、そちらから譲っていただく

ことになり購入させていただきました。

ほんの些細な工程でも、工具一つで作業効率が良くなったり

するので製造にかかわっている社員からはリアルな喜びの

声が上がっています。

その工具を使う側の能力も切磋琢磨して上げていかないとな、と

肝に銘じたところです。

もしも換気・給気・排気・消臭・すす取り等のお悩み、疑問など

ございましたら是非CLIEにお声を掛けていただけたら・・

と思います。

⇒ http://www.c-clie.co.jp/

そんな時にお役に立てる・・それがCLIEの活力になります。

それでは最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。

__________________________________________________________

溶岩焼グリルオプション品のご紹介

溶岩焼グリルを設置していただいているお店のSNSなどを拝見させていただくことがあります。
「どのように設置しているのかな?」「お客様から見える場所にあるかな?」「何を焼いているんだろう・・」などなど、情報収集と興味本位も多少持ちながら覗かせていただいています。

串焼きの場合は、アルミホイルや石をグリルの上にのせて、串の部分が焼けないように工夫している場合があります。
このようにお店独自で使いやすいように工夫している場合、まれに危険な使い方になってしまっている場合がありますので、取扱説明書で禁止・警告とされている使用方法を確認の上、使用してください。
代表的な禁止事項を紹介いたしますが、下記以外にも禁止事項がございますので、今一度、取扱説明書をご覧下さい。

クリエでご用意しているオプション品は以下の通りです。
これらに類似する用具や備品をご自分で用意する場合は、使用方法を厳守の上、安全に十分に注意してご使用ください。

ステーキロストル

ロストルバーの蓄熱性で香ばしく焼き上げる!
セット内容 定価(税抜)
支持金具 ロストルバー
CL412/CS402 2本 13本 36,000円
CL413/CS403 19本 48,000円
CL414/CS404 24本 60,000円
CL415/CS405 2本×2 13本+19本 84,000円
CL416/CS406 19本×2 96,000円
※CL415/CS405は、C2(CL412/CS402仕様)×1、C3(CL413/CS403仕様)×1使用しています。C2/C3どちらか片面のみでの使用可。
※CL416/CS406は、C3×2使用しています。片面のみでの使用可。
※サビに強く耐久性に優れたステンレス製です。

角棒

串置きとして使ってもOK!使い方自由!
長さ(mm) 定価(税抜)
CL412/CS402 430 2,400円
CL413/CS403 570 2,600円
CL414/CS404 710 2,800円
CL415/CS405 920 3,600円
CL416/CS406 1,060 4,800円
※通常、遮熱板のL字アングルに置いて使います。
※19mm角
※1本単位の販売です。

取っ手付棒網【販売終了】

遮熱板のL字アングルに掛けられるサイズ
 
外形寸法(mm) 重さ(g) 定価(税抜)
CS402/CL412用 415×340(500)  1000 7,500円
CS403/CL413用 575×340(500)  1280 8,700円
※遮熱板のL字アングルに掛けて使用すると、焼きあがった食材を冷めることなく仮置きできます。
※遮熱板用としない場合でも、お使いいただけます。
※素材:ステンレス
※溶接仕様

遮熱板

溶岩の強い熱からコンロ周辺の壁内部の炭化・低温火災を防ぐ!
※1
定価(税抜)
CL412/CS402 31,000円
CL413/CS403 32,000円
CL414/CS404 34,000円
CL415/CS405 35,000円
CL416/CS406 36,000円
※周囲が可燃物の場合や木造建物の場合、遮熱板の取付けをおすすめします。
側背面への熱を遮ることで壁面を熱から守り、壁面内の炭化・長期低温着火火災・伝導加熱火災を防ぎます。
※焼いた焼鳥を遮熱板のL字アングルに掛けた角棒の上に置いておく等の使い方ができます。
※角棒2本付属
※高さ(mm):640
※1 遮熱板の有無にかかわらず、離隔距離を設けてください。
CLシリーズ:10cm以上空けてください。(可燃物がある場合は、15cm)
CSシリーズ: 5cm以上空けてください。(可燃物がある場合は、15cm)

※表示価格は、2017/07 時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入 においては、購入の時点でHPに表示されている価格の情報が適用されます 。


FAXやメールでのお問い合せは株式会社クリエまでお気軽にお問い合せください。

電話:053-428-0551
FAX:053-428-0552
メールでのお問い合せ:お問い合せフォーム