―――――――――――――――――――――――――――――

■目次■

―――――――――――――――――――――――――――――

◆1) 納入実績ご紹介 ダイニック(株) 王子工場様

◆2) 冬に向けての対策、ご相談ください/パート3

◆3) 編集後記

―――――――――――――――――――――――――――――

◆1) 納入実績ご紹介 ダイニック(株)王子工場様

―――――――――――――――――――――――――――――
今回ご紹介する納入実績は、ダイニック株式会社 王子工場様です。

ダイニック株式会社は関連会社15社(国内6社、海外9社)、

グループ会社も含めた従業員は1400名以上の大手企業です。

その中でも王子工場では、主にアルミ箔蓋材と塗工紙を製造して

高いシェアを獲得しています。

パンフレットによると、ヤクルトのアルミ箔の蓋やマヨネーズの

内蓋部分を製造しているそうです。

ダイニック株式会社 王子工場様には2004年9月に油煙や

ホットメルト除去を目的として、エアクリーンを設置済みです。

納入から12年が経過し、設備の老朽化も目立つ時期です。

エアクリーンも当時と比較して、より高性能な仕様に進化しています。

またエアクリーンにも様々なバリエーションを開発してきました

ので、新たな製品のご提案をさせていただきました。

今回新しく納入した製品は、

エアークリーン CLCC8M型 × 2台 です。

エアークリーン製品情報

ダイニック株式会社様とのお付き合いが始まった経緯には

不思議なご縁がごいざいましたので、そのエピソードを

ご紹介させていただきます。

2004年頃の当社は、まだまだ知名度が低く、展示会などで

地道に営業活動をしている時期でした。

東京ビックサイトで行われてる展示会に出展していた時です。

出展と言っても自社ブースで大々的にアピールするような

予算もなかったので、お取引先のブースを間借りして、

当社の製品を置かせていただいていました。

常駐する人員もいなかったので、製品の説明は取引先の

スタッフさんにお願いしながら、当社社長の高田が手が空いた

ときに、ビックサイトに通って、展示スタッフとして、

接客をしていました。

そんなある日、たまたま高田が展示会場にいたときに、

ブースの近くでご高齢の男性が気分が悪そうにしていたのが

見えたので、「しばらくこちらで休んでいってください」と

声をかけたそうです。

そのご高齢の男性は、しばらく休んだ後、高田に「おかげ様で

大分よくなりました。ありがとうございます。あなたの名刺を

一枚いただけますか」と名刺を交換し、ブースから立ち去った

そうです。

その後、しばらくしてから製品に関する問い合わせの電話が鳴り、

よくよく聞いてみると展示ブースで名刺交換した方だったそうです。

その方こそ、かまぼこや練り製品などで有名な株式会社紀文食品

の社長だったそうです。

その方はダイニック株式会社の役員もされていたそうで、

王子工場の案件を紹介していただきました。

その案件は3社競合コンペで、他の2社は誰でも知っているような

大手企業。その中になぜ浜松市の聞いたこともないような会社が

はいっているのか?と社内や関連企業からも「大丈夫なの?」と

不安の声も聞こえてきたそうですが、その後の仕事ぶりや製品の

性能などで強力な信頼関係を結ぶことができ今回の受注につながった

そうです。

ダイニック株式会社様とのお付き合いは、運命的な偶然による

ものですが、打算のない人と人との暖かいつながりで仕事が生まれ

たんだなと感じます。

とてもあたたかいものに触れたような気分です。

一期一会、人との出会いを大切にしたいなと思いました。

クリエホームページはこちら

―――――――――――――――――――――――――――――

◆2) 冬に向けての対策、ご相談ください/パート3

―――――――――――――――――――――――――――――
弊社は、本社は静岡県ですが、工場が富山県にございます。

本社と工場を行き来する社員は、本社に来ると「常夏だね~」的

な発言をよくしていきます。

本社から工場に電話をしている方の会話を聞き耳を立てて聞いて

みると「え?! ストーブに火をいれたの?」とか「ジャンバー着て

るの?!」的な会話が聞こえてきます。

私、前島は秋田県出身、静岡県在住の身なので、どちらの感覚も

よくわかります。

北海道・東北、日本海側の県の冬の寒さは厳しいです。

断熱・防寒対策も進化してきていることとは思いますが、より

快適に冬の期間を過ごしたいですよね。

弊社でも、製品のあちらこちらで「寒冷地仕様」ですとか、

「結露防止仕様」ですとか、対策を取らせていただいております。

今回はパート3です。ご紹介したい製品が「強制排気装置-

DRACO(ドラコ)」です。冬が近づきそろそろストーブの準備を

とお考えの方にぜひ知ってほしい商品です。

ホームページ ドラコページ

「煙突」と聞くと、一般家庭の薪ストーブの排気に使われて

いるものを思い出す方が多いかと思います。

もちろん正解です。

しかしクリエの「ドラコ」はTPOを選びません。

その大きなセールスポイントは安定した排気の提供です。

・天候による煙の逆流。

・高く伸ばして据え付けた煙突の掃除。

・燃焼の調整。

いずれもストーブ設置後に起こる手こずる現象です。

いずれも難しいことのように思えるかもしれませんが、

強制排気装置DRACOを設置することにより、すべて解決

できます。

機械排気をするということは、排気をコントロールできる

ということです。

◎電気式FANが稼働しているので天候に左右されずに安定

した排気ができます。

◎上昇気流を利用した自然排気とちがい、短い煙突で

すのでお掃除も安全でらくらく。さらに手動洗浄機能付き。

◎地域やストーブの特性に合わせて風量調整弁を調節する

ことで、効率の良い燃焼を実現。

もう煙突はストーブ屋さんでストーブを購入したときに

付属品でついてくる・・という時代ではなくなりました。

排気の専門メーカーが作り出した未来型煙突DRACO(ドラコ)

冒頭でも申し上げましたがTPOを選びません。

薪ストーブでも窯でもビニールハウス用ストーブでも

地域や設置場所を選ばずご利用できます。

ストーブはストーブ屋さんで購入するのですが、ストーブ

購入の前に煙突をこだわって選定してください。

どうかストーブ選びと同じくらい時間をかけて煙突選びをして

ください。

排気をコントロールできないと、せっかくのストーブが

台無しです。

従来型の自然排気の煙突では細かい制約があって、それが

原因で薪ストーブをあきらめた方も多いことと思います。

設置をお考えの方はぜひぜひ煙突の選定からしてみてください。

ドラコにつきましては、販売の価格をオープン価格とさせて

いただきました。ストーブ屋さんや、ごひいきにされている

設備業者様からご購入する形で問題ありません。

よろしくお願いいたします。

「ドラコ」に関するお電話・お問合せはこちらまでお願いします。

お問合せ先
株式会社クリエ TEL 053-428-0551 FAX 053-428-0552

―――――――――――――――――――――――――――――

◆3)編集後記

――――――――――――――――――――――――――――
私の母、67歳にしてスマホデビューしました。

使用していたガラケーが壊れて、姉が買い替えてあげたようです。

同居状態の孫がすぐに使い方を教えたらしく、その日のうちに

「携帯トリカエました」とラインが来ました。

次の日、何か写真でもと思って、私から写真を送ったら、

すぐに愛犬の写真を送ってよこしました。

おおぉ~、使えてるじゃん! と思ったのもつかの間で、

一度電話が掛かってきたのですが、でると母ではなく姉で

「用事はないの、ごめん、母が電話が掛からない、って言うもの

だから試しにかけたの」とのこと。

電話のかけ方がまだ危うい感じなのでょうね(笑)

しかし、67歳にして新しいことにチャレンジ。

すごくいいなぁ~と思います。

そばにいて様子をみてみたいなと思っても、かなわぬ夢です。

嫁にでてしまったので(苦笑)

「宝の持ち腐れになるかも」と言っていましたが、そんなネガティブ

思考じゃなく、動画みたり、電子書籍を読んでみたり、ゲームやって

みたり、アプリダウンロードしてみたりスケジュール管理したりと、

じゃんじゃん使いこなしてもらいたいなぁ~と思います。

・・できるものかなぁ~??

孫たちが優しく教えてくれれば大丈夫かな。

いや、孫がおばあちゃんのスマホで勝手に何か買ったりとか

しちゃってたらマズイなぁ~・・とか(笑)

これだと「オレオレ詐欺」じゃなく、なんと言うんだろうか・・・。

などと変なところで心配をしている私です。

もしも換気・給気・排気・消臭・すす取り等のお悩み、疑問など

ございましたら是非CLIEにお声を掛けていただけたら・・

と思います。

⇒ http://www.c-clie.co.jp/

そんな時にお役に立てる・・それがCLIEの活力になります。

それでは最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。