steam_cut_hood

システムフードはそれぞれの特性を生かし、KBU型、KBR型、KCW型の3タイプに分かれてリニューアルしましたので、ご紹介します。

「ガス・薪・炭・ヒーター・電熱器」「IH・食器洗浄機・ゆで麺機」「スチームコンベクション(スチコン)」の用途別に分かれています。
一酸化炭素の発生がなく室内温度が高温になりにくい、「IH・食器洗浄機・ゆで麺機」と「スチームコンベクション(スチコン)」は、排気フードを室内循環型にすることができます。(ただし、強い臭いの出る調理をする場合は外部排気型(KBU型)をお勧めします。)
室内循環型のメリットは、無駄な排気が減って冷暖房の効率が上がることで、空調費の節約ができます。KBR型を例にとると、年間670万Kcalの燃料節約になります。これは、灯油1Lが約100円の場合、年間で68,000円ほどのコストを削減できる計算になります。

一方、ガス・薪・炭の使用は一酸化炭素が発生するため、排気フードを選ぶ際には外部排気型が必須です。また、ヒーター・電熱器の使用は厨房内の温度上昇が考えられるため、排気フードを選ぶ際には外部排気型が必須です。

KBU・KBR・KCWの比較

KBU型 KBR型 KCW型
主な用途 ガス・薪・炭・ヒーター・電熱器 IH・食器洗浄機・ゆで麺機 スチームコンベクション
(スチコン)
排気タイプ 外部排気型
(電化厨房の場合、PCF・ファンと組み合わせて室内循環も可)
室内循環型 室内循環型
油分・グリスの除去
噴霧水+フィルターで除去

噴霧水+フィルターで除去

噴霧水で洗浄
(水蒸気対応機種の為、油分等は想定外)
悪臭の除去
PCFとの併用で悪臭物質を除去

噴霧水で洗浄

噴霧水で洗浄
(水蒸気対応機種の為、悪臭等は想定外)
水蒸気の除去
噴霧水で冷却・洗浄

噴霧水で冷却・洗浄

噴霧水で冷却・洗浄
自動洗浄機能 あり あり なし
(水蒸気対応機種の為、汚れ等は想定外)
空調費 室内循環型の場合、コスト削減高 室内循環型だからコスト削減高 室内循環型だからコスト削減高
設置工事 給排水、給湯と電気工事
室外排気型の場合は、ダクト工事が必要
給排水、給湯と電気工事 給排水と電気工事のみ

※都合により製品の仕様を予告なく変更する場合があります。
詳しくは、システムフード製品ページをご覧ください。

製品に関するお問い合せは株式会社クリエまでお気軽にお問い合せください。

電話:053-428-0551
FAX:053-428-0552
メールでのお問い合せ:お問い合せフォーム