≪納入事例≫アトリエ・ド・フロマージュ様 / 長野県

長野県でチーズ作り30年以上の歴史のある「アトリエ・ド・フロマージュ」様へ納入した燻煙排気処理装置「ヤニとり君」の設置事例をご紹介いたします。燻製装置から排出されるヤニを含んだ煙の排気処理に、当社の「ヤニとり君」を一台納入していただきました。

基本情報

店名 アトリエ・ド・フロマージュ 本店
住所 長野県東御市新張504-6
営業時間 売店10:00~17:30 カフェ10:00~17:00
定休日 なし
ホームページ 有り アトリエ・ド・フロマージュ
店舗概要 風光明媚なチーズ屋さん
30年以上の歴史があり、日本で初めて自家製の生チーズ作りに取り組んだ工房でもあります。
設置機種
  • 燻煙排気処理装置「ヤニとり君」:CLSC8/1台
設置環境・他
  • 軽量鉄骨造 1階
  • 屋外設置
  • ダクト壁出し(メガネ石使用)
  • 遠隔スイッチBOX仕様・Gランプ付き
  • 制御BOX寒冷地仕様
メンテナンス
  • 燻製窯から燻煙排気処理装置までのダクト内部はセルフメンテ 要
  • 送風機故障時用の交換用送風機 有

%ef%be%8c%ef%be%9b%ef%be%8f%ef%bd%b0%ef%bd%bc%ef%be%9e%ef%bd%ad2
%ef%be%8c%ef%be%9b%ef%be%8f%ef%bd%b0%ef%bd%bc%ef%be%9e%ef%bd%ad1
%ef%be%8c%ef%be%9b%ef%be%8f%ef%bd%b0%ef%bd%bc%ef%be%9e%ef%bd%ad5
dsc_0016cimg6320cimg6319

dsc_0020
↑燻製機は(株)大道産業 SUBシリーズです。芳醇な味と香りの本格的燻製品づくりが実現できます。

製品に関するお問い合せは株式会社クリエまでお気軽にお問い合せください。

電話:053-428-0551
FAX:053-428-0552
メールでのお問い合せ:お問い合せフォーム

【クリエ通信】2016年9月号配信しました

―――――――――――――――――――――――――――――

■目次■

―――――――――――――――――――――――――――――

◆1) 背高のっぽの「ヤニとり君」まもなくデビューです

◆2) 冬に向けての対策、ご相談ください/-Part1

◆3) 編集後記

―――――――――――――――――――――――――――――

◆1) 背高のっぽの「ヤニとり君」まもなくデビューです。

―――――――――――――――――――――――――――――
弊社ではこれまで「ススとり君」を全国各地300店舗以上のピザ窯

に設置してきました。

バージョンアップを繰り返し、完成度の高い製品として自信を持っ

てオススメできる商品です。

その「ススとり君」の設置が徐々に増えてきた頃、ちょっと違った

ニーズも聞こえてきました。

それは「燻製の排気を処理したいんですが・・」というもの。

対象は「煙」と「におい」でした。

「ススとり君」はその名の通り対象は「スス」です。

燻製は「煙」と書きましたが、実は「ヤニ」を含んでいる為、

厄介な煙なんです。

タバコのヤニをイメージしてもらうと解り易いかもしれませんね。

ススは風で飛びやすい軽い付着物のイメージですが、ヤニは

べったり粘着性の付着物というイメージです。

そこで、燻製排気処理装置「ヤニとり君」と名付け、燻製の排気

に特化した製品を完成させました。

「ススとり君」の弟分みたいな感じだな・・と思っています。

「ススとり君」と見た目で比べると、細身で、高さがあるので

「背高のっぽ」と書いてみましたが、いかがでしょうか。

パンフレットもほぼ準備できております。

まもなくホームページ等でご案内できると思います。

その際にはぜひチェックしてみてください。

  クリエホームページはこちら

―――――――――――――――――――――――――――――

◆2) 冬に向けての対策、ご相談ください/-Part1

―――――――――――――――――――――――――――――
弊社は、本社は静岡県ですが、工場が富山県にございます。

本社と工場を行き来する社員は、本社に来ると「常夏だね~」的

な発言をよくしていきます。

本社から工場に電話をしている方の会話を聞き耳を立てて聞いて

みると「え?! ストーブに火をいれたの?」とか「ジャンバー着て

るの?!」的な会話が聞こえてきます。

私、前島は秋田県出身、静岡県在住の身なので、どちらの感覚も

よくわかります。

北海道・東北、日本海側の県の冬の寒さは厳しいです。

断熱・防寒対策も進化してきていることとは思いますが、より

快適に冬の期間を過ごしたいですよね。

弊社でも、製品のあちらこちらで「寒冷地仕様」ですとか、

「結露防止仕様」ですとか、対策を取らせていただいております。

そして、今強烈にプッシュしたい製品が「焼却ストーブ」です。

製材所や、温まりにくい工場、屋根と柱だけの作業スペースの

ような箇所にすごくお勧めです。

違った見解をします。

廃材がたくさん出る、裏山で薪が拾える、焼却したいものが沢山

でるような会社にすごくお勧めです。

効率よく余熱利用できるストーブを発売しております。

弊社では10年近く使用している実績があります。

今年の3月、工場で焼却ストーブの試験をしております。

その時の様子をブログにしております。

  こちらです。

ストーブ内の燃焼時の最高温度は500℃を超えました。

煙突を通って真上に上がって外に排気(排熱)してしまうのは実に

もったいないですよね。

工場を訪ねてくだされば、その実物をご覧いただくことができ

ますし、実際に工場に勤務している人の体感や意見を聞くことも

可能です。

「焼却ストーブ」はまだホームページにUPできておりません。

もう少しお時間かかるかと思いますが、気になった方はどうぞ

ご遠慮なくお電話でお問合せ下さい。

お問合せいただいてから現場調査に伺い、ストーブ設置場所を

確定し、ダクトの配置を設計し、という手順を踏みますので、

設置まである程度のお時間がかかることは想像つきます。

重ねて申し上げます、どうぞご遠慮なく早めにお問合せ下さい。

 お問合せ先
 株式会社クリエ TEL 053-428-0551 FAX 053-428-0552

―――――――――――――――――――――――――――――

◆3)編集後記

――――――――――――――――――――――――――――
ずーっと「欲しいな~」って思ってて、購入していない物が

一つあります。

それは「大人のぬり絵」です。

書店や文具店に行くたびにページを開いてみては「いいな~」

「欲しいな~」と思うことどれくらいでしょうか。

去年の今頃娘の希望で静岡市美術館へ行ったのですが、その時

にはすでに「欲しいな~」って思っていたので、1年以上は

経ってますね。

なぜ買わないのかって??

なんででしょうね・・。考えてみました。

・一緒に色鉛筆も欲しくなるから?

・ぬり絵をしている時間がとれないから?

・正当な理由がないから?

・買っても三日坊主でおわりそう?

・三日坊主で終わって家族に非難されるのが怖い?

きっとこの辺りが購入しない理由かな、と勝手に自分で自分を

分析してみました。

でもでも、お店に行くたび新しいぬり絵が発売されていて、

さらに、単純なぬり絵だけでなく、パズルっぽくなっている

ぬり絵まででています。

今月号の「戦略経営者」の特集記事は「生き残るアナログ」

というタイトルでした。

ドキドキしながら読みました。「あえてアナログ的なモノや手間

のかかる手段を楽しむ若者が増えつつあるという」と書いて

ありました。

うーむ。そうなのか。アナログも再燃しつつあるんだ。

ちょっとうれしくなったような、安心したような(笑)

ここまで慎重に考えたし、そろそろ買ってみようかな。

集中してただ色を塗るという作業が、私にとってほんの少し

「癒し」になるんじゃないかな、って期待して。

みなさんは自分で自分を「癒す」何か、持っていますか?

秋の夜長に「癒し」になる何か、始めてみてはいかがでしょうか。

もしも換気・給気・排気・消臭・すす取り等のお悩み、疑問など

ございましたら是非CLIEにお声を掛けていただけたら・・

と思います。

⇒ http://www.c-clie.co.jp/

そんな時にお役に立てる・・それがCLIEの活力になります。

それでは最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。
こちら

たかが油汚れ、されど油汚れ【焼肉店様必見!】

職人の世界では、下働きも修業のひとつ。一昔前、焼肉店さんでは「鉄板が洗えて一人前」と新人の見習いさんが厨房の奥で一生懸命洗っていたお店も多かったのではないでしょうか。
今でもそのような厳しい老舗店はあると思いますが、最近は、それとは正反対のなんと1回使用のみの「使い捨ての焼き網」が販売され、それが一般的となっているそうです。

時代なのでしょうか・・・。その1回で捨てられた網はどのようなルートを辿って、どうリサイクルされるのか?はたまた、燃やされるだけの運命なのか・・・。気になるところです。

使い捨ての網は本当にお得?コスト面から比べてみよう!

使い捨ての網はおそらく人件費をカットするために生まれてきたものだと思います。
実際には、どのくらいのコストがかかるのか、本当にお得なのでしょうか?
例として1日平均3回転、10テーブルで300日営業の人件費を含めた比較を「焼き網をクリーンスターで洗浄後、手洗い」「使い捨ての焼き網を使用」「手洗い」でしてみたいと思います。
(※クリーンスター:弊社の油汚れ専用洗浄機です。)

Which_is_it9

「使い捨ての焼き網」は、2年目、3年目と重ねるうちに毎日増えていく廃棄ゴミ同様コストも増えていきます。環境にやさしいのか?日本の製造業に貢献しているのか?本当に安いのか?を考えると首をかしげたくなります。しかも、廃棄物処理運搬費を節約して自分で持ち込んだとしても、2年目で「焼き網をクリーンスターで洗浄」より30万円コストが高くなります(上記条件による)。
たかが油汚れ、されど油汚れ。馬鹿にできませんね。
そこへいくと「焼き網をクリーンスターで洗浄」は、最初の投資は高いもののその後のコストは抑えられています。
(※いずれの数字も、あくまで目安としてお考えください。)

こんな「使い捨ての焼き網」は要注意!!

「使い捨ての焼き網」と一言で言っても多々ありますが、素材を確認してみてください。
「亜鉛メッキ」と書いてありませんか?もしくは記入されていないなんてことはありませんか?
その場合は注意が必要です。亜鉛は人体には必須元素ですが、採りすぎると人体に害を及ぼします。固形金属そのものを口にしても体に吸収されることは考えられませんが、金属を口にすることはやはり遠慮したいものです。
しかも、お客様も「使い捨ての焼き網」に対して不安をお持ちのようで、『肉にメッキが網目状にびっしりついていたのを目撃した』『火にかけていたら黄白色に変色してきた』等、ネット検索すれば事例はいくらでも出てきます。

また、環境面においても問題が多く、回収した焼き網のメッキを剥がし再度メッキするというリサイクル法もあるようですが、焼却・埋め立てされるのが一般的で、環境破壊が懸念されます。

「剥がれない」「錆びない」「安全・安心」「丈夫で長持ち」な焼き網を選ぶなら、メッキされていないステンレスが一番です。
肉を裏返したらメッキが張り付いていたとか、網を熱していたら色が変色し匂いがしてきたなんてことがあったら、そのお客様がお店を訪れることはもう二度と無いかもしれません。

【クリーンスター洗浄機 CTH-71】のご紹介

洗浄剤は強いアルカリ性洗剤を使用しておりますので、排水処理の仕方はご使用方法をよくお読みください。また、直に肌に触れたり目に入らぬよう十分な注意が必要です。

cth71_1_c 外形寸法(mm) 700×550×790H
実内寸(mm) 600×450×320H
電源 電気ヒーター100V・1kW
液量(L) 60
製品重量(kg) 49
使用溶剤 アルカリ溶剤
洗剤の洗浄能力は、55~60℃の時に最も発揮されます。【クリーンスター洗浄機 CTH-71】は、この温度を保ち続けますので、漬けておくだけで油でベトベトの焼肉用の網やロストル・五徳などを驚くほどの洗浄力で落とします。
なお、焦げは手洗いで落としてください。
【クリーンスター洗浄機 CTH-71】の詳細またはご購入はこちらから↓
株式会社クリエネットショップ
クリエネットショップyahoo!店
クリスタA.fw 内容 1箱15L
(5L入りボトル×3ケ・リキッドタイプ)
主成分 水酸化カリウム
水酸化ナトリウム
カルボン酸塩
使えないもの アルミニウム、銅、銅合金、亜鉛、スズ製品
液性 アルカリ
水60Lに対し、クリスタA1本(5L)を入れて使用します。年1回の総入替を推奨しています。
沸騰させてしまいますと洗浄能力が落ちてしまいますので、クリーンスター洗浄機でのご使用をお勧めします。
廃棄は、酸性(酢等)のものを混ぜて中性にしてから行ってください。
【アルカリ洗浄剤 クリスタAリキッド】の詳細またはご購入はこちらから↓
株式会社クリエネットショップ
クリエネットショップyahoo!店

※その他、焼き網・ロストル等もネットショップからご購入いただけます。


FAXやメールでのお問い合せも株式会社クリエまでお気軽にお問い合せください。

電話:053-428-0551
FAX:053-428-0552
メールでのお問い合せ:お問い合せフォーム

【クリエ通信】2016年8月号配信しました。

―――――――――――――――――――――――――――――

■目次■

―――――――――――――――――――――――――――――

◆1) 納入実績ご紹介 – コープ切添店様

◆2) 工場見学にお越しください

◆3) 編集後記

―――――――――――――――――――――――――――――

◆1) 納入実績ご紹介 – コープ切添店様

―――――――――――――――――――――――――――――
去る8月4日にオープンいたしました「コープ切添店」に

弊社製品を納入いたしましたのでご紹介させていただきます。

設置の指導を行ったのは6月末、試運転で立会いさせてい

ただきましたのが7月20日でした。

今回の設置作業にあたり、弊社では設置の指導をさせていただき

設置作業は山形県で実績多数の、弘栄設備工業株式会社様で

行いました。

弊社は本社が静岡県浜松市、工場は富山県にございます。

全国各地に設置に行っておりますので、山形県なら近い方です。

しかし、設置は何の問題なく済ませることができても、細やかな

メンテに度々通うことが難しいのは想像できます。

設置をしてくださった弘栄設備工業様が、メンテナンスも併せて

行っていただけるよう、今回の設置指導という形で行うことと

なりました。

いずれクリエフードの全機種についてパッケージ化して、

工場から出荷する、という形を目指している弊社ですので

今回の設置はその目標に向かった変化の小さな一歩目とも言える

のかもしれませんね。

さて、コープ切添店様に納入した弊社製品をご紹介いたします。

 惣菜作業室 スチームコンベクション – システムフードKCW型

 惣菜作業室 IHフライヤー – バブルクリーンフードKC3型×4台

 寿司作業室 IH炊飯ロボット – システムフードKBS型

 水産作業室 電気焼物機 – バブルクリーフードKC3型×2台

 惣菜作業室 洗浄機 – システムフードKBS型

  システムフードページはこちら
  
  バブルクリーフードページはこちら
  
以上の9台を納入いたしました。

コープ様との長年のお付き合いの信頼関係が今回の発注に結び

ついているのだと自負しております。

ありがとうございました。

コープ切添店は、加茂水族館のすぐ近くです。

加茂水族館ではピンとこない方は「クラゲドリーム館」では

どうでしょうか。

数年前にクラゲの展示に特化してリニューアルしたところ

来場者数が爆発的に増加して経営危機を脱却した水族館です。

前島も、秋田への帰省の途中に立ち寄らせていただきました。

すごく素敵な水族館で楽しめましたよ~。

加茂水族館へ観光の際にはぜひコープ切添店へもお立ち寄り

ください。

コープ切添店

 山形県鶴岡市切添町17-15
 TEL 0235-24-9251

 営業時間 朝9時30分から夜10時まで
 駐車場50台
 

―――――――――――――――――――――――――――――

◆2) 工場見学にお越しください

―――――――――――――――――――――――――――――
7月中に2件の工場見学の依頼があり対応させていただきました。

新工場に移って初めてのことでした。

工場では、溶岩焼グリルを設置し、その上部にバブルクリーン

フードKC型を設置し、実際に稼働させたところをお見せする

ことができました。

暑い日が続いている中で、さらに溶岩をたきつけての見学となり

大変だったと思います。

それでも点検口を開けて、実際に水が噴霧されている様子なども

しっかり見ていただけたことと思います。

溶岩焼きグリル上で鶏肉をグリルしましたので、そこそこの煙も

上がり、その流れなども把握していだけたのでは、と思います。

そのほかにもエアークリーナーも置いてありますので制御BOX

等みていただくことも可能ですし、煤取君を見ることも可能です。

まもなく発売予定の「焼却ストーブ」もご覧いただけます。

暑い今だからこそ寒い「冬」を考えて準備に取り掛かってほしい

と思います。

ぜひ一度装置を見に来てください。

体感するのが一番わかりやすいと思います。

ご予約のお電話お待ちしております。

 (株)クリエ 富山工場
 〒932-0836 富山県小矢部市埴生2793
 TEL 0766-67-4898 FAX 0766-67-4988

―――――――――――――――――――――――――――――

◆3)編集後記

――――――――――――――――――――――――――――
リオオリンピックが開催されていて、集中して観戦したいのに

小6、中2の子供たちの夏休みの宿題の進行状況が気になって

まともにテレビをつけていられない状況にぐったりしている

前島です。

いや、それともこの暑さのせいでしょうか・・。

いずれにしてもお休みに入ったらエネルギーチャージしないと

マズイ感じです。皆様はいかがお過ごしでしょうか。

エネルギーチャージ・・と言ってもなんだか食欲まで減退して

いる感じなのに、何でエネルギーをとればいいのか・・・と

悩んでいたら一枚のチラシが目につきました。

「臭くない、粘らない、ご飯に合う –松坂牛納豆」と

書かれていて、読んでいたらすごくスタミナつきそうだし、

瓶詰でお手軽に食べられそうだし、すごく食べたくなっちゃい

ました。早速検索し、楽天ショップを開くとぐに飛び込んで

きた文字「テレビ番組で紹介していただいた為、現在注文が

殺到しております。出荷までに約2か月ほどお時間をいた

だいております」と。

ああぁ~・・2か月かぁ~。

2か月後には夏バテもおさまってくるころかもしれないですね。

200g入りで1瓶1350円もしているのに、注文殺到!!

すごいですね。

ところで私の納豆の食べ方は、ついてくるタレにお砂糖を

小さじ1くらい入れて混ぜて食べます。

この味で育ってしまった為これでしか食べれない感じです。

ちょっと変わってるのかもしれませんね。

だけどこの松坂牛納豆、「砂糖を肉に直接絡める『松阪すき

焼き文化の甘さ』となっております。

もし甘すぎるとお感じになられた時は、生卵と絡めてお召し

上がり下さいませ。」と注意書きがありました。

きっと私好みの味!!

って思えば思うほど食べてみたくなりました。

お財布と相談してなおかつ2か月待てるかどうか、真剣に

考えてみようと思います。

松坂牛納豆の製造先「たぬみせ納豆工房様」ホームページ
→ http://www.nattouya.com/

もしも換気・給気・排気・消臭・すす取り等のお悩み、疑問など

ございましたら是非CLIEにお声を掛けていただけたら・・

と思います。

そんな時にお役に立てる・・それがCLIEの活力になります。

それでは最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。