「女子でもできる!シリーズ」〜煤取装置のファン(送風機)交換方法〜

煤取装置をご購入いただく際に、交換用としてファン(送風機)をご購入いただいております。なぜかと申しますと、国内大手電機メーカー製を使用しておりますが、電気制御部品はどうしても故障がつきものであるからです。
故障してファン(送風機)の手配から到着、交換までとなりますと数日かかってしまい、その間、窯に火を入れられず、営業停止せざるを得なくなります。そこで、素早い復旧で営業停止という事態を免れるためにピッツエリアのオーナー様ご自身で交換していただくことをオススメしています。

電気部品の交換となりますと、尻込みされる方もいらっしゃるのではないかと思います。そこで、「女子でもできる!シリーズ」編として動画にしてみました。意外と簡単にできますので、是非、参考にしてみてください。
こちらからご覧ください。↓

ファン(送風機)を交換します

 2 交換の前にあらかじめ、油性ペンとドライバー、交換用ファン(送風機)をご用意ください。

電動ドライバーの使用は、ビス山を潰すおそれがありますので避けて下さい。

 3  ファン(送風機)は煤取装置の上部についています。

ファンカバーがついている場合は、4か所のローレットビス(固定ネジ)を外して、ファンカバーを取り外しておきます。

 5  給水制御ボックスの中のコンセントからファン(送風機)に接続したプラグを抜きます。
 8 交換用ファン(送風機)の噴出口側に油性ペンで印がつけてあります。
すでに設置してあるファン(送風機)の同じ位置にも印をつけて、交換する時に位置がわかるようにしておきます。
 DSCN0871_1 ファン(送風機)を取り外します。

ファン(送風機)の固定ネジを手動ドライバーではずし、取り出します。
交換用のファン(送風機)も同様に行ってください。

 DSCN0877_1 交換の新しいファン(送風機)を取り付けます。

交換用のファン(送風機)をマーカーの印に合わせて差し込み、ネジで固定します。
ビス山を潰さないよう軽く締めるだけで大丈夫です。

17 ファンカバーがある場合は、外したローレットビス(固定ネジ)で取付けて下さい。

ファン(送風機)に接続したプラグを給水制御ボックスの中のコンセントに差し込みます。

以上で終了です。すす取装置を動かして動作確認を行ってください。不具合が生じている場合は、再度確認の上ご連絡ください。

ファン(送風機)の音や振動が大きくなっていませんか?

ファン(送風機)から振動や音が明らかに大きく感じられる場合は、ファン(送風機)のバランスが悪かったり汚れがひどくなっていると考えられます。交換の時期が近づいています。早めに交換しておきましょう。


FAXやメールでのお問い合せも株式会社クリエまでお気軽にお問い合せください。

電話:053-428-0551
FAX:053-428-0552
メールでのお問い合せ:お問い合せフォーム

≪納入事例≫東京ガーデンテラス紀尾井町様(「旧赤プリ旧館」)

DSC_0009

「赤プリ」の愛称で知られたグランドプリンスホテル赤坂(東京都千代田区)が、東京ガーデンテラス紀尾井町として、2016年7月リニューアルオープンしました。
その中においても、とりわけ華麗な佇まいで格式高い洋館「赤坂プリンスクラシックハウス」(旧李王家東京邸)は、東京都指定有形文化財に指定されており、後世に残すべき昭和初期の歴史的建築物です。
今回、この歴史的建築物にクリエのバブルクリーンフードKC-3を設置するお話を頂きました。
「東京都指定有形文化財」である「赤坂プリンスクラシックハウス」は、80余年という年月を重ねてきた歴史ある建築物ですから、設置において規制がついて回るのは当然のことです。クリエでは、今まで『近隣が住宅街なので、できたら排気をしたくない』『元々、カフェだった物件なので排気したくてもダクトにつながっていない』等々、いろいろな壁にぶつかってきました。さて、今回の壁は『排気できない』だけだったのでしょうか・・・。

「歴史的建築物に傷はつけられない?!」

クリエも創立30年を迎え、様々なお客様からお話を頂いてきましたが、このような歴史的建築物に設置するのはおそらく初めてではないでしょうか。
実は、今回、建築物に穴をあけたり傷を付けたりしてはいけないという厳しい規制があったわけではなく、『排気できない』以外には、荷重のかかるものは天井から吊り下げられないという条件がありました。そして「歴史的建築物」に携わる一員としてそれなりの覚悟をもって取り組みました。

KC3(バブルクリーンフード)は、壁にビス止めして支える壁掛式の排気フードですが、天井からも吊るしています。今回はその方式が取れませんので、天井からアンカーで吊るす代わりに下からパイプで支える据置式にしました(下図参照)。パイプが調理する方の邪魔にならないよう細心の注意を払いました。
KC3は1台70〜80Kgの重さがありますが、天井に穴をあけることなく十分な強度で支えることが出来ました。天井の高さまで届いていますので、地震で倒れる心配もありません。
KC支え

先程も述べたように、天井にダクトを通すことはできませんので、屋外への排気はできません。それゆえに、調理器具にガスを使うことはできません。換気が不十分だと新鮮な空気が不足し、不完全燃焼によるCO中毒になってしまうからです。ガス以外では、薪・炭も同様です。また、電熱器は厨房内の温度上昇が極端なため、屋外への排気ができない厨房では使うことは困難です。
そこで、こちらではIHコンロ(電磁調理器)を使用していただきました。IHコンロはCOの発生はありませんし、極端な温度上昇も考えられませんので、屋外への排気が必要のない室内循環型のフードで間に合います。
今回設置させていただいた室内循環型のKC3-FRは、換気効率が良く外気負荷が小さいため、空調費の軽減ができます。また、他のKC3同様に排出する空気をクリーンにするだけでなく、フード内の洗浄も自動で行う快適で清潔で安全な排気フードです。何といっても、ダクトレスですので工事費の大幅削減が期待できます。

これら「据置式」と「室内循環」で、「東京都指定有形文化財」の天井にのどこにも穴をあけることなくフードの設置が無事完了しました。
「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」的な壮大な物語を期待されていたのでしたら少々期待外れだったでしょうか?それでも、条件や規制を頂くことで、1つの製品がまたひとつ成長していくのが感じられます。

KC3(バブルクリーンフード)のご紹介

KC3(バブルクリーンフード)は、汚れた空気をキャッチしクリーンな空気を排気するだけではなく、フード内での空気洗浄をめざすと共に、快適で清潔で安全な厨房づくりをコンセプトに開発された業務用務用途に適した厨房用排気装置です。先程ご紹介した室内循環型フード(KC3-FR)と室外排気型フード(KC3-FU/SU)の3タイプがございます。(詳しくはHPをご覧ください。)

室内循環 室外排気
型式  KC3-FR  KC3-FU  KC3-SU
kc3fu kc3fu kc3su
 セラミックフィルター  有  有
 メッシュフィルター  有  有
バッフルフィルター  有  有
自動洗浄機能  有  有
 洗浄水  有  有
油分・グリスの除去  ◎  ◎
悪臭の除去  ◎  ◎
白煙の処理  ×  〇
空調費軽減  ◎  〇

※フードの選定は「排気フード選定Yes/Noチャート」からもできます。

基本情報

店名 赤坂プリンスクラシックハウス
住所 東京都千代田区紀尾井町1-2 外(地番)
東京ガーデンテラス紀尾井町内
営業時間  11:00-19:00(火曜定休 祝祭日除く)
ホームページ 有り 赤坂プリンスクラシックハウス
店舗概要 永田町、赤坂見附駅に隣接し、東京都心に誕生する「東京ガーデンテラス」。
緑と歴史に抱かれた国際色豊かな複合市街地をコンセプトにオフィス・ホテル棟、商業施設を擁したこの東京ガーデンテラスに、赤坂プリンスクラシックハウスは生まれ変わります。
東京都指定有形文化財でもあるこの邸宅は緑の木々に囲まれ、静かに佇み、街を見守り続けます。
(赤坂プリンス クラシックハウス公式サイトより)
設置機種  KC3-95FR×3、 KC3-75FR×2
設置環境
  • 既存部…鉄筋コンクリート造(一部木造)2階建塔屋付
    増築部(バンケット)…鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)2階建
  • フロア構成:レストラン・バー(3施設)、バンケットなど
  • 延床面積:3,007㎡
設置工事から引き渡しまで
  • 現場調査: 2015年2月
  • 設置工事: 2016年6月
  • 引き渡し: 2016年6月
  • オープン: 2016年7月27日
メンテナンス  要 – 電磁弁の点検等

FAXやメールでのお問い合せも株式会社クリエまでお気軽にお問い合せください。

電話:053-428-0551
FAX:053-428-0552
メールでのお問い合せ:お問い合せフォーム