≪納入事例≫ 御座候(ござそうろう) 難波近鉄店様/大阪府

2018年11月30日にオープンいたしました御座候(ござそうろう)難波近鉄店様へ納入致しましたバブルクリーンフードフードをご紹介いたします。調理時に発生する汚空気を洗浄しクリーンにしてから店内へ排気を戻す当社のKC型を納入していただきました。

基本情報

店名 御座候(ござそうろう)
住所 大阪市中央区難波四丁目1-17 地下2階 大阪難波駅改札内
TEL 06-6575-7471
営業時間 月曜~土曜 : 10時~21時、日曜・祝日 : 10時~20時
ホームページ 有 御座候
店舗情報 「御座候」という回転焼きを製造販売致します。現在、全国にチェーン展開し、多く親しまれています。「御座候」の呼び名は地域によって、回転焼き、今川焼き、大判焼きなど。大きさも、食べやすい大きさのようですし、ちょっとした差し入れやお土産にもよさそうです。1個85円(税込)と価格も良心的です。
設置機種
  • バブルクリーンフードKC型:KC型/2台
設置環境・場所情報等
  • 近鉄難波駅 改札内 東改札近く
  • 店舗面積は15.2平方メートル
  • 電気焼き台の上部に設置
  • フードからの排気はダクト配管しリターン天井給気口へと戻(排気)します
  • 電気給湯器を配備し、内部洗浄はお湯にて行われます
メンテナンス-要
  • バブルクリーンフードKC型定期メンテ 要

■施工当時のお写真

 


電気温水器と、リターン天井給気口(フードの排気をこちらから戻します)
 

 


焼き台の前は8mmの強化ガラスですのでお客様が通りがかりによく見えます。しかし外側からフードがみえることのないように、そして調理される方の邪魔にならないようフードの設置高さを調整しました。

製品に関するお問い合せは株式会社クリエまでお気軽にお問い合せください。

電話:053-428-0551
FAX:053-428-0552
メールでのお問い合せ:お問い合せフォーム

ご使用のピザ窯!煤(すす)が堆積していませんか?

 

上写真は、煤(すす)の吸い取りが悪いということでメンテナンスのご依頼を受けたときに撮影したピザ窯ダクトの状態です。
もっとすすが溜まっていましたが、撮影のタイミングを逃してしまい実際には少し掃除が終わった後の状態です。
それでもすすが堆積して、ダクトの有効な風道が狭くなっていることがわかります。

ところで、ススとり君が付いていれば、上写真のような風道が狭くなるほどすすが堆積するということは無くなると思いますか?

答えは「NO」です。
ご使用になられているお客様の中には、ススとり君が付いているからとダクト掃除が必要ないと思っていらっしゃる方がいるかもしれません。
しかしながら、上写真のような状態は、ススとり君を設置していても同じように起こり得ます。

ただし、ススとり君を通ったあとのダクトは、ススとり君の効果が発揮され掃除をする間隔は長くなります(目安として1回/10年の掃除をお願いします)。
よって、定期的に掃除する必要があるのは「窯からススとり君までのダクト」です。

写真のように、掃除を怠った窯からススとり君までのダクトには「すす」が内側に溜まり、必要な排気量が確保できなくなります。


このまま放っておくとダクト内が高温になり、いずれ出火する恐れがあります。

年1回、窯からススとり君までのダクト清掃を必ず行ってください。(下図参照)

2~3年清掃を怠った場合、火災発生の可能性が高くなります。
必ず年1回定期的に行なうようにしてください。

ダクト清掃の手段として次の2つをご紹介します

ご自分で掃除を行う

窯からススとり君までのダクト清掃方法と専用ブラシのご紹介をしています。次のブログを参考に行なってください。
ピザ窯ダクト掃除の仕方〜専用ブラシ「カントール」〜
ススとり君内部の清掃も忘れずに行ってください。

煙突掃除屋さん等を手配する

煙突掃除専門の業者様に直接ご連絡をお願いします。
ススとり君内部の清掃も忘れずに行ってください。

クリエ(弊社)では定期保守点検・メンテナンスを行なっております

ダクト清掃は行っておりませんが、定期保守点検・メンテナンスのご紹介をいたします。
まずは御見積させていただきますので、お問い合わせフォーム からご連絡お願いします。

本体内部洗浄、ファン・フィルター洗浄及び交換、給水部品や送風系部品などの保守点検、機器本体のバージョンアップもさせていただきます。

こちらの定期メンテナンスは、3年に1回おすすめします。

費用:¥125,000〜(交換用送風機・旅費交通費・ダクト清掃等は含ませません)
※都合により価格を予告なく変更する場合があります。


お問い合わせ・ご質問は株式会社クリエまでお気軽にお問い合わせください。

電話 : 053-428-0551
FAX : 053-428-0552

メールでのお問い合わせ : お問い合わせフォーム

【クリエ通信】2018年11月-12月号 配信しました

―――――――――――――――――――――――――――――

■目次■

―――――――――――――――――――――――――――――

◆1) ダクト清掃のお願い

◆2) ファン羽根部清掃用グッズご紹介します 

◆3) 編集後記

―――――――――――――――――――――――――――――

◆1) ダクト清掃のお願い

―――――――――――――――――――――――――――――
ススとり君オーナーの皆様へ

日ごろはクリエのススとり君をご愛顧下さり誠にありがとう

ございます。ススとり君の調子はいかがでしょうか。

元気に働いてますでしょうか。

さて、薪炊きの炎を見ているだけでもほっと和むようなそんな

季節が巡ってきました。あつあつのピッツァがよりおいしく感じる

季節ですよね。

オーナーの皆様にはお忙しい毎日を送られていることと思います。

しかし、忙しくても忘れずに行ってほしいのが煙突掃除です。

ピザ窯から装置までは薪を燃焼させたことによって発生した

煤・油分等がそのまま通過します。

通過していく過程で煙突に煤を付着させながら通過していきます。

ススとり君にたどり着いた時点でやっとフィルターにぶつかり、

水噴霧され、煤・油分が浄化され、送風機手前で排気温度も

下がり、送風機を通過して排気口トップを飛び出して排気されます。

ピザ窯から装置までのダクトに煤・油分が付着することで、ダクトの

空間が狭くなり、排気量が減少します。

排気量が減少しますと、窯と室内空間からの空気の混合バランスが

変わり、排気温度が高くなります。

排気温度が高くなるとピザ窯から装置までのダクトで炭を製造する

ような不完全燃焼を起こします。引火点に達しなくても引火すること

があります。

ススとり君では約90%程度の煤が捕捉できますが、残りの10%程度

のススはススとり君を通過してしまいます。

その後のダクトに微量ですが付着し、引火してススとり君の内部を

炎が通過してしまうと送風機の故障の原因となり、その先のダクト

交換に至る場合もあります。

その時には、新しい送風機、交換用のダクト部材が入荷するまで

お店の営業ができなくなってしまいます。

いい季節にお店を閉めないといけない事態になるのは避けたい

ですよね。

ダクト清掃用のブラシ「かんとーる」と伸ばせる棒も販売して

おります。

ダクト清掃の仕方をホームページの新着情報欄にも掲載して

おります。

 ピザ窯ダクト掃除の仕方

年末の大掃除のご予定に、是非とも「ピザ窯ダクト掃除」も

組み込んで計画を立ててください。

よろしくお願いいたします。

 クリエ ホームページ
 

―――――――――――――――――――――――――――――

◆2) ファン羽根部分、清掃用グッズご紹介します 

―――――――――――――――――――――――――――――
ススとり君やヤニとり君等を設置され、油分の多い調理をされる

場合、煤と油分が混合され、泥状の汚れで送風機の羽根部が覆われ、

吸込みが悪くなる場合があります。

このような場合には、ススとり君納入時にお渡ししております

「詳細資料一式」の6ページ目「ファンメンテナンス方法」を

参照の上、モーター及び羽根部を取り出し洗浄してください。

その時の注意事項も明記させていただきましたが、特に注意して

いただきたい点がございます。

■羽根部に装着してある おもり を絶対に動かさないことです。

多少の振動などで動くことがないように固定されていますが、

硬いものとぶつけてしまうと、羽根部分のバランスが崩れ、

芯ブレの原因となります。

「ハブラシなどの柔らかいブラシを使って汚れをこすり落とします」

と記載しましたが、より便利なお掃除グッズを見つけましたので

ご紹介致します。

株式会社 允・セサミ より発売の商品名「親方棒」といいます。

カーボン製なので金属ヘラのように傷をつけません。

Youtubeに「親方棒」を使ってシロッコファンのお掃除をしている

様子がUPされています。

 Youtube「親方棒」動画
 

とても快適にお掃除されているように見えます。

『年末の大掃除のご予定に、是非とも「ピザ窯ダクト掃除」も

組み込んで計画を立ててください。』と申し上げましたが、

その計画に是非「シロッコファンのお掃除」も入れてください。

一度でお掃除が済む方がスッキリしますよね。

 クリエホームぺージ

―――――――――――――――――――――――――――――

◆3)編集後記

――――――――――――――――――――――――――――
早いもので今年も残すところあと1か月ほど・・。

秋が長い? 遅い? せいでなんだかあまり冬っぽくない冬を迎えて

いるこちら浜松市です。

クリスマス、年末、新年・・本当にそんな日がやってくるのか

感覚的にはなんだか信じられないくらいです(笑)

2018年はどんな年でしたか?

前島は、9月に19年ぶりに自分の実家に一人で帰省しました。

北海道胆振地方中東部地震の後で、新幹線の中では「新函館北斗駅

までは行きますが、その先のご旅行をお考えの方は、お考え直し

ください」とアナウンスされていたのが印象深いです。

そんな状況の中、19年ぶりの一人旅。なんだかとっても新鮮で

懐かしい気分を味わうことができました。

自分の置かれた状況にとても感謝した瞬間です。同時に北海道地震

に遭われた方の無事と、素早い復旧を祈った瞬間でした。

子供達は高校1年目を過ごし、中学2年目を過ごし、バタバタは

してますが、どうにかこなしている感じです。

吹奏楽部で県大会出場できたときにはすごく喜んでいました。

こちら浜松市も台風などの気象状況により発生した停電を経験しました。

すぐに復旧した地区もあれば、3日くらいかかった地区もあったようです。

電気の有難さを思い知った日々です。

全体的に2018年を振り返ってみると、家内安全・無病息災で過ごせ

ましたし「まずまず」という自己評価です。

残りの30日程度を上手に過ごし、よりよい新年を迎えたいと思います。

もしも換気・給気・排気・消臭・すす取り等のお悩み、疑問など

ございましたら是非CLIEにお声を掛けていただけたら・・

と思います。

⇒ http://www.c-clie.co.jp/

そんな時にお役に立てる・・それがCLIEの活力になります。

それでは最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。

煙突は屋根面から60cm上げないとダメ?

屋根よりさらに天に向かってそびえ立つ煙突の、なんとも風情のある光景に目を奪われる方も多いのではないでしょうか?

では、なぜ煙突が高くまで伸びているのかというと、理由の一つとして、自然排煙の場合、短い煙突にするとドラフト(温度差を利用した上昇気流)が発生せずうまく排煙できないからです。

煙突は高く伸ばす必要が機能的にあるわけです。

一方、建築基準法に「煙突の屋上突出部は、屋根面からの垂直距離を60cm以上とすること」と定められていますが、これが適用されない場合もあります。

建築基準法施行令第115条

 建築物に設ける煙突は、次に定める構造としなければならない。
一 煙突の屋上突出部は、屋根面からの垂直距離を60cm以上とすること。
二 煙突の高さは、その先端からの水平距離1m以内に建築物がある場合で、その建築物に軒がある場合においては、その建築物の軒から60cm以上高くすること。
三 煙突は、次のイ又はロのいずれかに適合するものとするこ。
イ 次に掲げる基準に適合するものであること。
(1) 煙突の小屋裏、天井裏、床裏等にある部分は、煙突の上又は周囲にたまるほこりを煙突内の廃ガスその他の生成物の熱により燃焼させないものとして国土交通大臣が定めた構造方法を用いるものとすること。
(2) 煙突は、建築物の部分である木材その他の可燃材料から15cm以上離して設けること。ただし、厚さが10cm以上の金属以外の不燃材料で造り、又は覆う部分その他当該可燃材料を煙突内の廃ガスその他の生成物の熱により燃焼させないものとして国土交通大臣が定めた構造方法を用いる部分は、この限りでない。
ロ その周囲にある建築物の部分(小屋裏、天井裏、床裏等にある部分にあつては、煙突の上又は周囲にたまるほこりを含。)を煙突内の廃ガスその他の生成物の熱により燃焼させないものとして、国土交通大臣の認定を受けたものであること。
四 壁付暖炉のれんが造、石造又はコンクリートブロック造の煙突(屋内にある部分に限る。)には、その内部に陶管の煙道を差し込み、又はセメントモルタルを塗ること。
五 壁付暖炉の煙突における煙道の屈曲が120度以内の場合においては、その屈曲部に掃除口を設けること。
六 煙突の廃ガスその他の生成物により、腐食又は腐朽のおそれのある部分には、腐食若しくは腐朽しにくい材料を用いるか、又は有効なさび止め若しくは防腐のための措置を講ずること。
七 ボイラーの煙突は、前各号に定めるもののほか、煙道接続口の中心から頂部までの高さがボイラーの燃料消費(国土交通大臣が経済産業大臣の意見を聴いて定めるものとする。)に応じて国土交通大臣が定める基準に適合し、かつ、防火上必要があるものとして国土交通大臣が定めた構造方法を用いるものであること。
2 前項第一号から第三号までの規定は、廃ガスその他の生成物の温度が低いことその他の理由により防火上支障がないものとして国土交通大臣が定める基準に適合する場合においては、適用しない。

建築基準法施行令第115条2項の「国土交通大臣が定める基準に適合する場合」として、「国土交通大臣が定める基準(建設省告示第1098号)」をご覧ください。

(設置・構造に関する条件を除いて、簡潔にまとめると次のようになります。→換気扇等がついていること/火粉を含まないこと/廃ガス等の温度が260℃以下であること)

ちなみに、
機器からの排気温度が260℃を超えるもの:煙突
機器からの排気温度が260℃以下のもの:排気筒    という分類があります。


FAXやメールでのお問い合せは株式会社クリエまでお気軽にお問い合せください。

電話:053-428-0551
FAX:053-428-0552
メールでのお問い合せ:お問い合せフォーム

リターン(循環)フードによる負荷シュミレーション

室内循環システムを冬季に使用した場合、フライヤーなどからの放熱により温められた空気が、ある程度の温度を保ったままリターン(循環)してくるため、外気を取り入れるより暖房費用の負担が少なくなることが予想できます。

一方、夏季の場合は放熱による熱い空気がリターンしてくることから、冷房費用の上昇が心配されますが、実際はどうなのでしょうか。

早速、電気式フライヤー、ゆで麺器がある場合の負荷を見ていきましょう。

条件

厨房面積(床面積) 4mx2.5m=10
夏季 冬季
1㎡あたりの概算負荷(Kcal/h. ㎡) 130 180
夏季 冬季
外気温度(℃) 34 2
室内温度(℃) 24 22
温度差(deg) 10 20
フライヤー
の放熱量
フライヤー油面積: 0.36mx0.45m= 0.162㎡
油面からの放熱損失係数(※1):
2.8kW/㎡=2,400Kcal/h. ㎡
◆放熱量: 0.16 ㎡ ×2,400 Kcal/h. ㎡=384≒380 Kcal/h
ゆで麺器
の放熱量
ゆで麺器面積: 0.2m×0.2m×π= 0.126㎡
湯面からの放熱損失係数(※2):
4.65kW/㎡=4,000Kcal/h. ㎡
◆放熱量: 0.13 ㎡ ×4,000 Kcal/h. ㎡=520Kcal/h

※1 油面からの放熱損失係数:170〜180℃の場合
※2 湯面からの放熱損失係数:98℃前後の場合

フードによる換気量 通常排気フード゙寸法: 1.2m× 0.8m

ショートサーキット率:30%

フード゙面風速:0.4m/sフード゙による換気量:
1.2m×0.8m × 0.4m/s × 3,600s/h ×(1-0.3)≒970㎥/h

法令基準による最低換気量
(建築基準法施行令第20条の2)
V=20Af/N

V=20 × 10/3=66.7 ㎥ /h≒70㎥/h

計算式

夏季における冷房負荷 外部排気仕様
室内循環仕様
一般負荷 130Kcal/h. ㎡×10㎡= 1,300 1,300
外気負荷
(※7)
0.24×1.2 ×(970+70) ㎥/h ×10deg= 3,000 0(※3)
油+湯面からの放熱 380Kcal/h+520Kcal/h= 0(※4) 900(※5)
4,300Kcal/h
2,200Kcal/h
冬季における暖房負荷 外部排気仕様
室内循環仕様
一般負荷 180Kcal/h. ㎡×10㎡= 1,800 1,800
外気負荷
(※7)
0.24×1.2 ×(970+70) ㎥/h ×20deg= 6,000 0(※3)
油+湯面からの放熱 380Kcal/h+520Kcal/h= 0(※4) -900(※6)
7,800Kcal/h
900Kcal/h

※3 外気からの給気はないため、“0(ゼロ)”
※4 室内に熱が逃げずに、外部排気されてしまうため、“0(ゼロ)”
※5 熱は循環型フードに吸われるが、リターン(室内循環)で100%厨房に戻り、熱量が減らないため
※6 この熱量が暖房の熱として取り込まれるため
※7 Q =0.24(定圧比熱Kcal/Kg.deg)×1.2(空気の比重量Kg/ ㎥ )× V(換気風量㎥/h) ×Δ(室内外の温度差deg)

結果

上記条件による計算の場合、リターン型のフードは冬は温かい空気が戻ってきますので、特に寒冷地ではその恩恵が大きくなり、外部排気型に比べ暖房負荷は約1/8になります。

一方、冷房費用の上昇が心配された夏季においても外部排気型のフードに比べ冷房負荷は約1/2という結果になりました。気温が高くなればなるほど、やはりリターン型の方が恩恵が大きくなります。


FAXやメールでのお問い合せは株式会社クリエまでお気軽にお問い合せください。

電話:053-428-0551
FAX:053-428-0552
メールでのお問い合せ:お問い合せフォーム