年末年始休業のお知らせ

株式会社クリエでは、2018年度の年末年始休業日は次の通りとさせていただきます。

御不便をおかけいたしますが、なにとぞご理解いただきますようお願い致します。

・12月28日(金) ~1月6日(日)まで 休業

・1月7日(月) より平常通り

なお、年内の発送業務に関しては12月27日で終了させていただきます。
また、休業日中に頂きましたメールやFAX等は1月7日(月)以降より順次対応させていただきますのでご了承の程、お願い致します。


お問い合わせ・ご質問は(株)クリエまでお気軽にお問い合わせください。

電話 : 053-428-0551
FAX : 053-428-0552

メールでのお問い合わせ : お問い合わせフォーム

リターン(循環)フードによる負荷シュミレーション

室内循環システムを冬季に使用した場合、フライヤーなどからの放熱により温められた空気が、ある程度の温度を保ったままリターン(循環)してくるため、外気を取り入れるより暖房費用の負担が少なくなることが予想できます。

一方、夏季の場合は放熱による熱い空気がリターンしてくることから、冷房費用の上昇が心配されますが、実際はどうなのでしょうか。

早速、電気式フライヤー、ゆで麺器がある場合の負荷を見ていきましょう。

条件

厨房面積(床面積) 4mx2.5m=10
夏季 冬季
1㎡あたりの概算負荷(Kcal/h. ㎡) 130 180
夏季 冬季
外気温度(℃) 34 2
室内温度(℃) 24 22
温度差(deg) 10 20
フライヤー
の放熱量
フライヤー油面積: 0.36mx0.45m= 0.162㎡
油面からの放熱損失係数(※1):
2.8kW/㎡=2,400Kcal/h. ㎡
◆放熱量: 0.16 ㎡ ×2,400 Kcal/h. ㎡=384≒380 Kcal/h
ゆで麺器
の放熱量
ゆで麺器面積: 0.2m×0.2m×π= 0.126㎡
湯面からの放熱損失係数(※2):
4.65kW/㎡=4,000Kcal/h. ㎡
◆放熱量: 0.13 ㎡ ×4,000 Kcal/h. ㎡=520Kcal/h

※1 油面からの放熱損失係数:170〜180℃の場合
※2 湯面からの放熱損失係数:98℃前後の場合

フードによる換気量 通常排気フード゙寸法: 1.2m× 0.8m

ショートサーキット率:30%

フード゙面風速:0.4m/sフード゙による換気量:
1.2m×0.8m × 0.4m/s × 3,600s/h ×(1-0.3)≒970㎥/h

法令基準による最低換気量
(建築基準法施行令第20条の2)
V=20Af/N

V=20 × 10/3=66.7 ㎥ /h≒70㎥/h

計算式

夏季における冷房負荷 外部排気仕様
室内循環仕様
一般負荷 130Kcal/h. ㎡×10㎡= 1,300 1,300
外気負荷
(※7)
0.24×1.2 ×(970+70) ㎥/h ×10deg= 3,000 0(※3)
油+湯面からの放熱 380Kcal/h+520Kcal/h= 0(※4) 900(※5)
4,300Kcal/h
2,200Kcal/h
冬季における暖房負荷 外部排気仕様
室内循環仕様
一般負荷 180Kcal/h. ㎡×10㎡= 1,800 1,800
外気負荷
(※7)
0.24×1.2 ×(970+70) ㎥/h ×20deg= 6,000 0(※3)
油+湯面からの放熱 380Kcal/h+520Kcal/h= 0(※4) -900(※6)
7,800Kcal/h
900Kcal/h

※3 外気からの給気はないため、“0(ゼロ)”
※4 室内に熱が逃げずに、外部排気されてしまうため、“0(ゼロ)”
※5 熱は循環型フードに吸われるが、リターン(室内循環)で100%厨房に戻り、熱量が減らないため
※6 この熱量が暖房の熱として取り込まれるため
※7 Q =0.24(定圧比熱Kcal/Kg.deg)×1.2(空気の比重量Kg/ ㎥ )× V(換気風量㎥/h) ×Δ(室内外の温度差deg)

結果

上記条件による計算の場合、リターン型のフードは冬は温かい空気が戻ってきますので、特に寒冷地ではその恩恵が大きくなり、外部排気型に比べ暖房負荷は約1/8になります。

一方、冷房費用の上昇が心配された夏季においても外部排気型のフードに比べ冷房負荷は約1/2という結果になりました。気温が高くなればなるほど、やはりリターン型の方が恩恵が大きくなります。


FAXやメールでのお問い合せは株式会社クリエまでお気軽にお問い合せください。

電話:053-428-0551
FAX:053-428-0552
メールでのお問い合せ:お問い合せフォーム

【クリエ通信】2018年10月号 配信しました

―――――――――――――――――――――――――――――

■目次■

―――――――――――――――――――――――――――――

◆1) ススとり君home、販売再開します

◆2) 納入実績ご紹介 (株)社台ファーム様 / 北海道

◆3) 編集後記

―――――――――――――――――――――――――――――

◆1) ススとり君home、販売再開します

―――――――――――――――――――――――――――――
ススとり君とは、薪炊きのピザ窯でピザを焼いたときに発生する

油分やススの混じった高温の排気を、水分を噴霧している装置内部、

同時に材質の異なるフィルターを組み込んでいる内部を通過させる

ことによって、汚空気を浄化させて排気させる為の装置です。

既にイタリア料理店で大活躍中のススとり君です。

 ススとり君ページ

その実績をもとに、家庭用薪ストーブの排気処理用として考案され

たのが「ススとり君home」です。

 ススとり君home ページ

家庭用薪ストーブでは通常、ドラフトを利用した自然排気が今も

主流かもしれませんが、さまざまなデメリットもあります。

・気候・天候に影響され排気が安定せず煙が室内へ戻ってきてしまう。

・まっすぐで長い煙突のお掃除に苦労する(委託すると高額になる)

等です。

ススとり君homeなら、そのデメリットをすべて解消できると

いうことで発売しましたが、発売してまもなく、ススとり君Home

の存在価値・意義・価格などに少々疑問を感じ、一度発売中止と

しておりました。

販売を開始してから感じた点は、ストーブの排気でトラブルになっている

近隣の方からのお問合せが多く、その時には弊社が間に入ってしまう

ような感じになってしまい、売る側・買う側・近隣の方、三者ともに

マイナスなイメージの中設置に至る、という様子が、どうにも

いたたまれなかった・・。というのが正直なところかもしれません。

販売価格的な面でも単純にススとり君の半額、というわけではなく

設置工事を含めると「お手頃価格」とまではいきませんでした。

販売を中止して今一度慎重になるお時間をいただきました。

今回、販売再開させていただくのは、きれいごとなのかもしれませんが

それでも困っている方のお役に立ちたい、という考えからです。

売る側・買う側・近隣の方、三者とも気持ちよく過ごすことが

理想であり、満足していただけることが目指すところです。

これから薪ストーブの活躍シーズンを迎えます。

新しく薪ストーブをご購入される方、既存の煙突の排気を

クリーンにしたいとご希望の方、ぜひお問合せ下さい。

 クリエ ホームページ

―――――――――――――――――――――――――――――

◆2) 納入実績ご紹介 (株)社台ファーム様/北海道

―――――――――――――――――――――――――――――
2018年3月に最初のお電話をいただきました。

お問合せ内容を要約するとこうでした。

『場所は北海道。コークス(石炭)に火をつけて下から風を

送っている。馬の蹄鉄を作っていて、上に天蓋があり煙突に

つないである。横に180、上に400の煙突。夏はいいが、

冬は排気しない。DRACOは使えるか?』

とのことでした。

このお問合せの馬の蹄鉄を作っているのが、(株)社台ファーム様でした。

 (株)社台ファーム様 ホームページ

馬の蹄鉄を作っているだけではなく、競走馬の生産・育成がメインです。

競馬の世界ではとても有名な会社のようです。

↓以下はホームページより抜粋です・・・・・・・・・・・

「世界に通用する良質な馬づくり」

これは社台ファームが半世紀にわたり挑戦し続けてきたテーマです。

いち早く世界に眼を向け積極的に種牡馬や繁殖牝馬を導入、

サラブレッドの生産にたゆまぬ努力と研究を重ねてきました。

それは、これまで多くのG1ホースやダービー馬を輩出してきた軌跡と

なって現れています。

社台ファームはこれからも更なる高みを目指して、新しい夢をカタチに

していきます。・・・・・・・・・・・・↑ここまで。

クリエでは、6月にDRACO×1台と、一体型給気口キューブ×2台

を販売。

その後9月にDRACO×1台、10月に入ってまたDRACO×1台と

一体型給気口キューブ×1台のご注文をいただきました。

蹄鉄づくりの現場(納入先)は初めてのことでしたが、排気の理論上は

DRACOで大丈夫との結論に至り、(株)社台ファーム様もそれを

信じてくださり、まずは1台設置してくださったのだと思います。

そしてDRACOの性能に満足していただき、順を追って必要数を

ご注文してくださったのではないか、と推測しております。

実は、クリエとして注目してほしいのは、一体型給気口キューブ

です。この給気口がカギだと思っています。

DRACOを設置すると機械での強制的な排気となりますので、電源

を切らない限りは室内の空気がずーっと排気されます。

お写真で拝見したのですが、蹄鉄を作っている作業小屋は、

入口が大きくとってあり、開放して作業を行っているようです。

解放している時にはそれほどでもないのですが、開放できないとき

に人体や、燃焼や、排気、室内環境に影響がでます。

給気不足が目に見えてくるのです。

給気不足を解消するのは窓や扉を開けるのが一つの方法ですが、

窓や扉を開けたくない、開けれない環境の時もあります。

その点、キューブを設置してますと、室内が負圧(給気不足)に

なった時に必要量が自然に給気されますので安心・安全です。

この給気の塩梅がおそらくナイスな働きをしているハズ・・と

推測しております。

北海道のサラブレッド達の足元づくりに一役買えたのがとても

うれしいです。

ありがとうございました。

 クリエホームぺージ

―――――――――――――――――――――――――――――

◆3)編集後記

――――――――――――――――――――――――――――
こちら浜松市も朝晩寒く感じるようになり、めっきり秋らしく

なってきました。もう10月ですものね。

秋と言えば、皆さんは何を思いますか?

前島家の子、二人の最近のお気に入りの本をご紹介しますね。

あ、私自身は本を買ってあげることで親の責任をやっとこ果た

して満足してしまい、自分用に本を買って読むようなことは・・

ナイかな~・・声が小さくなってきますが(笑)

最近の娘のお気に入りは、落合陽一さんの本です。

先日購入したのは「超AI時代の生存戦略」という本です。

その前に購入したのが「日本再興戦略」という本でした。

他にも図書館で予約していた本も読んでました。

タイトルだけでは、なんだか難しいなぁ~、というのが

私の正直な感想でした。

一方、息子が最近購入したのは、池井戸潤さんの本。

10月14日にドラマがスタートしましたのでご存知の方

も多いと思います。「下町ロケット-ヤタガラス」です。

その前にやはり「下町ロケット-ゴースト」も購入してました。

数年前に税理士の方にご紹介していただいて「下町ロケット」

を私も読ませていただき、面白いな~と思っていた本ですので

シリーズ化されて、「全シリーズ読みたいな~」と思いながら

息子に先を越され、何気なくあらすじも聞いてしまったし、TV

ドラマ化されましたので、なんだか読む機会を失ってしまいました。

何気なく「ヤタガラスってどんなカラス?」って発してしまった一言に

「知らないの?!」と二人から非難囂々。

日本神話にでてくるカラスで、一般的に三本足のカラスとして

知られ古くよりその姿絵が伝わっている。とのこと。

そんなに囂々しなくても~・・とイジケちゃいそうでした。

しかも娘はその落合陽一さんの本、「お兄ちゃんには読ませたくない」

とか。イジワルですよね~。

「なんで?」と聞くと、「だって私より確実にお兄ちゃんの方が内容

を理解できちゃうもん」だとか。

全然意味が分からないので、もう少し聞くと「私の方が先に知った

落合陽一さん、という人を先にお兄ちゃんに理解されたくない」の

だとか。

なんでしょうか、ライバル視なのか、独占欲なのか。

女子中学生の気持ちを理解するのはやっぱり難しいです。

秋の夜長はやはり読書も良さそうです。

気を取り直して「下町ロケットシリーズ」を読んでみたいと

思います。

もしも換気・給気・排気・消臭・すす取り等のお悩み、疑問など

ございましたら是非CLIEにお声を掛けていただけたら・・

と思います。

http://www.c-clie.co.jp/

そんな時にお役に立てる・・それがCLIEの活力になります。

それでは最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。

エアコンは室外機が大事です!

猛暑日が連日しております日本全国の皆様 お見舞い申し上げます。
こちら浜松市も過去にないほどの猛暑を経験しております。
毎日のようにエアコンフル稼働させております。

さて、もはや命綱とも言えそうなエアコンですが、電気代が心配になってきますよね。
いかにして電気使用量を抑えられるのか・・。
ネットにもたくさん情報が載ってましたのでご紹介いたします。

 1.立ち上げてからしばらくは「強風」の方が省エネ
 2.風向きはできるだけ水平に
 3.除湿モードは使わない
 4.熱交換の効率を上げる為、室外機を冷やす

クリエでは、4.室外機を冷やす を「トラブルカット」という商品名で商品化し、創業当初にご提案しておりました。
時代は巡り、「トラブルカット」の存在が大分薄れてきましたが、ここで今一度リニューアルさせて販売致します。
『換気装置の総合メーカー』のクリエが原点に返りご提案させていただきたい商品です。
営業・稼働がされるときには、必ず「人間」が関係しています。
夏場の営業・稼働をするとにきはやはり室内を人間が働ける温度・心地よい温度に保たなくてはいけないのですが、完全にエアコンに頼っている現状です。

クリエがご提案する「トラブルカット」

エアコンの室外機では、冷房時は室内から来た熱を放出し、熱交換することで冷たい液体(冷媒)を作り、室内機へ送りだします。
室内機では、室外機から来た冷たい液体を冷気として放出し、室内の熱気をとりこみ室外機へ送ります。
そのとき、室外機(熱交換器やファン等)が熱くなっていると熱交換の効率が悪くなり、消費電力が大きくなります。
「室外機」というくらいですので、屋外に置くのがセオリーなのですが、最近の異常気象により室外機にも負荷がかかり気味です。
負荷がかかってしまうとどうなるのか・・。熱交換がうまく出来ず、エアコンが効かない、ということになります。

こうなる前のクリエの「トラブルカット」です。
サーモスタット内蔵で、外気温度によって散水します。
噴霧ノズルからは霧状の水が間欠運転で噴霧されます。電気使用量・水道使用量が極少量で済みます。
室外機へ自動散水し、気化熱の原理を利用して室外機の内部にある熱交換器を冷却させる装置が「トラブルカット」です。室外機が稼働を停止してしまう「高圧カット」の状態を回避させます。

何かを「冷やす」ということは、「熱を奪う」こと

熱を奪う「吸熱」は分子の状態変化「融解・蒸発(気化)」によって起こります。
分子は絶えず自由に動いています。特に液体から気体、気体から液体への変化は身近にあります。
洗濯物が乾く、雨が降る、蒸し器から湯気が上がる、等々。
常温では、液体の水が多ければ多めに気体(気化)になり、気体の水分が多ければ多めに液体になります。なので、故意に布や皮膚などを濡らして、液体の水分が多い状態を作れば、気体になろうとする水分が増えます。
水が気体になろうとするために必要なエネルギーよりも周辺に存在する熱エネルギーが高い時、その熱エネルギーを利用して(奪って)水は気体になって空気中に逃げるのですが、これが濡らすと冷える原理なのです。

濡らすと冷える原理を利用し、エアコンの室外機周辺の熱を奪わせる

熱を奪わせた「冷えた」状態の空気を室外機に取り込ませます。
これで「高圧カット」によるエアコンのトラブルは発生しません。
お店や工場など、エアコンが止まってしまうと困る・営業できないような箇所には必須ですね。

トラブルカット セット内容

トラブルカット 追加部品


※価格は定価で税別となります。送料は別途かかります。
※取付けに必要な配線器具、取付ネジ・ボルト・ナット類、ホース等はご自分でご用意ください。
※弊社ホームページ内の「トラブルカット」もご覧ください。
※クリエの屋根裏換気システムと合わせてご利用いただくとより効果的です。

製品に関するお問い合せは株式会社クリエまでお気軽にお問い合せください。

電話:053-428-0551
FAX:053-428-0552
メールでのお問い合せ:お問い合せフォーム

屋根裏換気システム、ついに発売致します!

弊社では、創業当初から今日まで「屋根裏換気システム」をご提案・ご案内させていただいておりました。
これまでは屋根裏換気システムについてご相談いただき、換気改善工事として施工を請け負っておりましたが、この度、屋根裏換気システムをキット(組立材料一式)にして販売致します。

屋根裏の熱気を簡単に外気と入れ替えましょう!

『屋根裏』はとても過酷な空間です。ダブルパンチで昇温していきます。まずは太陽が屋根を熱します。その熱で屋根裏の温度もどんどん上がります。同時に居室空間からの熱せられた空気が天井から天井裏(屋根裏)へと上っていき、溜まります。行き場のない熱は屋根裏スペースからの輻射熱でじわじわと居室空間へと温かさが伝わってきます。いくら室内でエアコンをかけても効きが悪い、なんてことも起こりえます。

そんな屋根裏にはクリエの「屋根裏換気システム」をおすすめします。サーモスタットで、送風機のスイッチが入る温度、スイッチが切れる温度を設定しますので、電源オン・オフの手間はありませんし、無駄に送風機を稼働させたりはしません。電器ボックスにはブレーカーを内蔵してありますので、万が一の故障等でも、居室空間側の送電には影響を与えません。送風機に取り付ける定着カラーもキットに入ってます。排気用に壁面を開口するのに専用工具等必要かと思いますが、DIYが得意な方、工具類が揃っている方でしたらご自分で設置も可能です。

屋根裏の熱気を外気と入れ替えることにより、エアコンの電気使用量を抑え、結果省エネへとつながります。
清々しい室内環境が手に入り、さらに省エネになるのですから一挙両得です。

屋根裏換気システム キット内容

屋根裏換気システム オプション品

キット以外で必要な部材を追加してご購入下さい。


※価格は全て税別です。

※別途送料:本州5,000円 北海道・九州・四国:6,800円 (沖縄・離島はお問合せ下さい)がかかります。


弊社ホームページ内の「屋根裏換気システム」もご覧ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
製品に関するお問い合せは株式会社クリエまでお気軽にお問い合せください。

電話:053-428-0551
FAX:053-428-0552
メールでのお問い合せ:お問い合せフォーム