【煤取装置(ガルバリウム鋼板製)ご購入の皆様へ】本体の腐食について

煤取装置「ススとり君」本体の腐食によるひび割れ・穴あきが発生する件でご報告します。

以前、煤取装置「ススとり君」本体にガルバリウム鋼板を使用していました。
ガルバリウム鋼板は錆びに強く、耐久性・耐熱性が高いため、住宅の屋根や外壁としてよく使用されています。

それでも煤取装置が処理する過酷な環境と経年劣化により、腐食する場合があります。
あくまでも環境にもよりますが、このガルバ鋼板による煤取装置は、6年点検で1〜2割、9年点検で多くの煤取装置において、腐食によるひび割れ・穴あきが発生するとみられます。

(参考写真:本体点検口蓋にあいた穴)

弊社では現在、ガルバリウム鋼板より耐久性の高いステンレス(SUS)製に変更しております。

今後の対応について

3~5年の定期点検において腐食による損傷が認められる場合は、鉄板による補強を施します。

また、12年の点検ではステンレス製の煤取装置の交換をおすすめします。

いずれの場合も有償となりますが、煤取装置本体交換のお客様には(新規は対象外)特別価格にて対応をさせていただきます。

なお、点検(メンテナンス)日程は弊社にて調整いたします。

 

詳しくは、保守点検・メンテナンスのごあんない[PDF /700KB] をご覧ください。

 


製品に関するお問い合せは株式会社クリエまでお気軽にお問い合せください。

TEL:053-401-5881 FAX:053-401-5882
メールでのお問い合せ:お問い合せフォーム

バックナンバー