メルマガ【クリエ通信】 2012年 3月号

業務用厨房機器・換気装置の総合メーカー 株式会社クリエ

━━━━━━━━━━━━━━ http://www.c-clie.co.jp/ ━━

クリエ通信 2012年 3月号  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※メールマガジン『クリエ通信』は名刺交換させていただいた方、

商品をご購入いただいたお客様へ配信させていただいています。

株式会社クリエ メールマガジン担当 前島です。

メールマガジン『クリエ通信』は、

・厨房や店内環境を改善したい!

・お客様満足度だけでなくスタッフ満足度もアップしたい!

・ランニングコストをダウンさせたい!

など、厨房や店舗での空調関係の悩みに取り組んでいる方々へ

クリエ製品の最新情報や給気・排気・消臭などでの解決のヒントを

お送りしております。
―――――――――――――――――――――――――――――

■目次■

―――――――――――――――――――――――――――――

◆1  CLIE新着情報

◆2  CLIE製品分析

    「システムフードKBP型のランニングコストの求め方 」 

◆3  編集後記

―――――――――――――――――――――――――――――

◆1  CLIE新着情報 ◆ 冬季の給水管凍結防止対策

―――――――――――――――――――――――――――――

奈良県のあるピッツェリアで、こんな事例がありました。

煤捕装置の給水管が凍結してしまい、水漏れが発生しました。

すぐに部品を手配し、交換することになったのですが、

今後の対応として、冬季の給水管凍結防止対策を立てましたので

ご案内いたします。

 1. 運転水を出したままにする

 2. 水抜きををする

  3. 凍結防止帯を巻いて道管内の温度を下げない

それぞれその立地条件にあった策を取るのが有効と思います。

1. の対策は気温が零下になることが稀な地域向けです。

零下の心配がなくなったら 運転水バイパスバルブを締めます。

2. の対策は冷え込みの厳しい地域で有効です。

給水元栓と給水制御BOXの間にチーズを設け、水抜き用の

止水バルブを取り付けて水抜きをします。

3. の対策は2.と同様冷え込みの厳しい地域で有効です。

凍結防止型給水制御BOX(寒冷地仕様)とし、凍結防止帯用コンセントを

設けます。サーモスイッチにより、自動的に温度を感知し通電します。

詳細は(株)クリエにお問い合わせください。

⇒ http://www.c-clie.co.jp/

―――――――――――――――――――――――――――――

◆2  CLIE製品分析   

―――――――――――――――――――――――――――――

今月と来月のクリエ通信の2通に渡り、クリエのシステムフードKBP型

→ http://www.c-clie.co.jp/product/steam_cut_hood/index.html           
   

の室内循環タイプのランニングコストを求めて分析したいと思います。

設定は・・

 ・中華料理店で蒸し器、フライヤーを使用

 ・クリエシステムフードKBP型 600M

 ・フードのサイズ 長辺1.9m × 短辺0.85m

 ・面風速0.4m/s

 ・ファン容量300W×2コ

 ・PCF型20(天井吊型) ×2器使用 

  → http://www.c-clie.co.jp/product/freshener/index.html

 ・一日の稼働時間 10時間とする。

A. まずはファン稼働時の電気代を求めます。

使用電力量は1時間稼働すると0.6kWになります

(0.3kWのファンを2コ使用している為)

1日稼働すると6kW 1か月(30日)稼働で180kWとなりますね。

1か月の電気使用量を算出したら、東京電力のホームページの

「電気料金シミュレーション」ページより、低圧電力 → 計算する

の流れで入力し、「計算結果詳細を見る」を参照し、料金を求める。

(但し、基本料金と消費税は省きます)

そうすると、180kWで2,242円と計算できます。

1か月あたりの電気料金が2,242円ですので、12を乗じ、年間の

電気料金を求めます。

  2,242×12=26,904円 となります。
□──────────────□

B. 次は上下水道料金です。

1日当たりの使用量を求めます。

システムフードKBP型 600Mの使用水量は、毎分0.21Lです。

ですので、計算式としては、0.21(L)×60(分)×10(時間)

それに1日1回の洗浄水4Lをプラスします。

それを立法メートルに換算するため、0.001を乗じます。

1日当たりの上下水道量が算出されたら、それに30日を乗じて

1か月分の使用水量を求めます。

 0.21×60×10=126L

 126+4=130L

 130×0.001=0.13立方メートル

 0.13×30=3.9立方メートル  となります。

1か月当たりの使用水量が求められたら、東京都水道局の

ホームページを参照する。

使用量が0から8立方メートルまでは一律560円となって

おりますので、1か月560円 となります。

更に12(月)を乗じ一年間の上下水道使用料金を求めます。

  560×12=6,720円
  □────────□

C. 最後に、システムフードKBP型 600Mにて使用する活性炭の

消耗を考慮し、1年に1度交換と仮定して活性炭の定価を加算します。

  交換用活性炭 108,000円(定価)
   □──────────────□

今まで求めたA~Cの合計が、システムフードKBP型 600Mの

ランニングコストということになります。

 2,6904+6,720+108,000=141,624円

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

141,624円が年間のランニングコストということが判明致しました。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

室内循環タイプの設定ですが、ファン稼働時の使用電気量は、室外排気

タイプと比較して大きく差はありませんが、厳密に言うと、ダクトの長さの

差の分だけ室外排気の方が電気量が大きくなると言えます。

次回は、このランニングコストに対して、外気負荷を求めて比較して

みたいと思います。

ご不明点がございましたらクリエまでお問い合わせください。

→ http://www.c-clie.co.jp/

―――――――――――――――――――――――――――――

◆3  編集後記

―――――――――――――――――――――――――――――

前島は二児の母であり、1日24時間の大半は仕事と家事に追われて

過ごすのですが、最近は子供たちが布団に入り眠るまでの時間、

自分が読みたい本を読む時間がとれるようになりました。

読書は得意な方ではなく、新刊とか、芥川賞とか、まったく疎いうえに、

購入したのは本のリサイクルショップという・・

あまり大きな声でご紹介するのは申し訳がない気がするのですが・・・。

・「ユウキ」 岸川悦子

・「ハッピーバースデー」 青木和雄 吉富多美

・「東京タワー/オカンとボクと時々オトン」 リリー・フランキー

という3冊を読みました。

偶然3冊とも「家族」を考えさせられる内容でした。

どれも涙なしには読めない本でした。

そして久々に読書の楽しさを味わいました。

活字を追う楽しさ、本の世界に入り込み味わう自分以外の世界。

TVや映画も好きですが、本も好きになってきました。

子供たちも成長するに伴い読む本も変わってきました。

今まで絵本だったものが、短いお話になり、そして長い物語、

何巻も続く物語も読みだしました。

子供たちに負けず私も読書を楽しみたいなぁと思ったところです。

なにかお勧めの本がありましたら是非紹介してくださいね。

本のご紹介は得意ではありませんが、換気・給気のエキスパートなら

前島のお勧めはもちろん(株)クリエです。

もしも換気・給気・排気・消臭・すす捕り等のお悩み、疑問などございまし

たら是非CLIEにお声を掛けていただけたら・・と思います。

→ http://www.c-clie.co.jp/

そんな時にお役に立てる・・それがCLIEの活力になります。

それでは最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【株式会社クリエ】http://www.c-clie.co.jp

〒431-2102静岡県浜松市北区都田町7852-17

電話:053-428-0551

Fax :053-428-0552

お問い合せはこちら→ info@c-clie.co.jp

ブログはこちら→ http://blog.livedoor.jp/c_clie/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━