1. ホーム
  2. 換気(給気・排気)システム:屋根裏換気システム

屋根裏換気システム

屋根裏の最上部には熱い空気が溜まります。
屋根裏の熱気を送風機によって強制的に室外に排気することで居住空間の熱負荷を軽減する換気システムです。

近年、住宅や店舗の建築構造において気密性の向上が求められる傾向にあり、建築デザインや設計で屋根形状が寄棟構造になる場合が増えています。そのため、最近では屋根裏の自然換気も期待できなくなっています。

そのため夏の季節には外気温だけでなく厨房での熱も加わることで、夏場の屋根面への受熱量は膨大になります。屋根裏の熱気は夜になっても蓄熱されたままで、室内に伝わり、室内の冷暖房の効率を著しく低下させることになります。

クリエの屋根裏換気システムは屋根裏最上部の温度をセンサーが感知し、屋根裏に設置した送風機が、高温空気を強制的に室外に排気することで効率よく熱気を排出することができる換気システムです。

屋根裏換気がない場合

屋根裏に蓄熱され、空気の逃げ場がないため、室温が下がりにくくなります。
外気温が下がっても、屋根裏に熱が蓄えられているため、室温が下がりにくくなります。そのため適温にするためにエアコンの温度を必要以上に下げたり上げたりすることになり、光熱費のアップにつながります。

  • 暖かい空気は上昇し、屋根裏で滞留
  • 夜になっても蓄熱されたまま
  • 室温が下がりにくい
  • 室内の冷房(暖房)の効率を著しく低下させる
  • 光熱費のアップにつながる

屋根裏換気がある場合

高温空気を送風機で強制排気。低温空気を給気することで、室温が調整しやすくなります。

屋根裏に蓄熱された空気を送風機で強制的に排気して、低温の空気を室内・室外から給気することで冷暖房効率をアップさせます。最小限のエネルギーで冷暖房の最大効果を創り出す手助けをします。

  •  

    営業時間内
    営業中は室内が負圧になり、天井から室内に給気されます。

  •  

    営業時間外
    営業時間外や休日は室内が差圧になるため、暖かい空気が天井へと上昇します。

屋根裏換気システムフロー

屋根裏換気システムをご検討の方へ

施工・お見積もりには現場調査を行い、迅速に対応させていただきます。
お見積もり・ご相談はお気軽にお問い合わせください。

  • 給気口の形状、数等は、屋根及び建物全体の形状・広さにより異なります。
  • 室内給気口の設置位置によって、換気効率が変わります。室内の排気位置や、臭気場所 (トイレ等)の位置を考慮の上、設置場所を決定します。
  • 屋根裏換気システムの価格は、現場調査の上お見積もりさせていただきます。

施工・見積もり・ご相談はお問い合わせフォーム、または下記の当社メールアドレスまでご連絡ください。
E-Mail: info@c-clie.co.jp

このページの上へ